• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISOコラム
  • ISO9001:2015(QMS):2015年度規格改訂 5.1項「リーダーシップ及びコミットメント」規格解釈
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス

ISO9001:2015(QMS):2015年度規格改訂 5.1項「リーダーシップ及びコミットメント」規格解釈

TSUCH160130540I9A6568_TP_V

いつもお世話になっております。
ISO総合研究所コンサルタントの濱田章弘(はまだあきひろ)と申します。

さて、いつも大変ご好評いただいております当ブログでございます当ブログですが、今回のテーマは、『ISO9001:2015(QMS):2015年度規格改訂 5.1項「リーダーシップ及びコミットメント」』について規格解釈をさせていただきたいと思います。

まずは第1章で規格が何を求めているかについて確認してみましょう。

■第1章

『ISO9001:2015(QMS) 5.1項「リーダーシップ及びコミットメント」』概要

規格改訂後の5.1項「リーダーシップ及びコミットメント」では、5.1.1一般と5.1.2顧客重視の2パートに分けることが出来ます。
まずは5.1.1一般、その後5.1.2顧客重視を見ていきます。

5.1.1 一般

トップマネジメントは、次に示す事項によって、品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない。

a)品質マネジメントシステムの有効性に説明責任(accountability)を負う。
b)品質マネジメントシステムに関する品質方針及び品質目標を確立し、それらが組織の状況及び戦略的な方向性と両立することを確実にする。
c)組織の事業プロセスへの品質マネジメントシステム要求事項の統合を確実にする。
d)プロセスアプローチ及びリスクに基づく考え方の利用を促進する。
e)品質マネジメントシステムに必要な資源が利用可能であることを確実にする。
f)有効な品質マネジメント及び品質マネジメントシステム要求事項への適合の重要性を伝達する。
g)品質マネジメントシステムがその意図した結果を達成することを確実にする。
h)品質マネジメントシステムの有効性を寄与するよう人々を積極的に参加させ、指揮し、支援する。
i)改善を促進する。
j)その他の関連する管理層がその責任の領域においてリーダーシップを実証するよう、管理層の役割を支援する。

※注記 この国際規格で“事業”という場合、それは、組織が公的か私的化、営利か非営利かを問わず、組織の存在の目的の中核となる活動という広義の意味で解釈され得る。

5.1.2 顧客重視

トップマネジメントは、次の事項を確実にすることによって、顧客重視に関わるリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない。

a)顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を明確にし、理解し、一貫してそれを満たしている。
b)製品及びサービスの適合並びに顧客満足を向上させる能力に影響を与え得る、リスク及び機会を決定し、取り組んでいる。
c)顧客満足向上の重視が維持されている。

■第2章

『ISO9001:2015(QMS) 5.1項「リーダーシップ及びコミットメント」』についての規格解釈

トップマネジメントは、組織がISO9001規格の規定する要件に従って品質経営体制を確立し、それに則って業務実行を指揮、管理し、また、時代の変化に対応して経営戦略としての品質方針及び組織の品質目標(5.2項)を見直し変更し、必要な顧客満足の状態を継続的に実現、維持することに、トップマネジメントとしての統率力を発揮しなければならず、職を賭して取り組まなければならない。

トップマネジメントは、そのような役割と責任を遂行する証として、a)~k)を効果的に実行しなければならない。

a)は、コミットメントに関し、他はリーダーシップに関する。また、b)、c)、e)、f)、j)項は、トップマネジメントが直接的責任を負うべき分野を指し、d)、g)、h)、i)項はトップマネジメントが統率力を発揮すべき重要分野を指す。

a)は、トップマネジメントが職責を全うしなければならないということであり、08年版の「品質経営体制の有効性の継続的改善にコミットメントする」の規定条文の用語を変えた書き直しである。

b)は、組織の存続発展を図る組織の経営活動の枠組みの中で品質経営の活動行うということであり、c)は、規格の規定により新たな品質経営体制を構築するのでなく、規定は組織の既存の品質と顧客対応に関係する業務の手はずに反映させること、或いは、規格の規定を満たして整えた手はずの通りに組織の経営管理の実務が行なわれているという意味である。b),c)を合わせて規格の規定に従って品質経営体制を確立し、その下で品質経営を行う (4.4項)という規格導入の基本条件を満たす最終責任がトップマネジメントにあることを示している。

d), h), i)は、規格の序文と規定と「品質経営の原理」として規定されている、品質経営の業務の実行に係わる規格の論理である。また、j)は、管理者や監督者が委ねられた職責を積極的に果たすことを促す組織風土、作業環境を創造するというトップマネジメントの責任を指す。

■第3章

予想される極端な審査要求

①品質マネジメントシステムと事業との統合の証拠
②トップマネジメントの責任に関するトップマネジメントへの質問

規格改訂の目的で一番大きいものは、マネジメントシステムと事業との統合化、また項番5にリーダーシップが導入されてお分かりの通り代表者の責任の割合が強くなったことであることは明白です。

いわゆる実態に沿ったルールになっているか、代表者がマネジメントシステムにしっかり関わっているのかです。
ポイントを押えておけば規格改訂も全然怖くありません。

手前味噌ですが弊社でもありがたいことに、規格改訂の書籍【これ1冊でできる・わかるISO9001―やるべきこと、気をつけること 古江 一樹【監修】/ISO総合研究所【著】】を出版させていただきました。

ご興味がございましたら書店にてお買い求めくださいませ。

また、もし御社がISO9001:2015(QMS)、ISO14001:2015(EMS)、ISO27001:2015(ISMS)、プライバシーマーク(Pマーク)の取得、運用についてお困りでしたらどうぞお気軽に弊社ISO総合研究所までご連絡ください。

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
カテゴリー:ISOコラム タグ:ISO ISO9001(QMS) コンサルタント 規格改訂
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ