• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • 未分類
  • 話題のISO9001 2015年版~気になる建設業界の今後~
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス
  • 2017年4月20日

話題のISO9001 2015年版~気になる建設業界の今後~

_shared_img_thumb_max16011524_TP_V

いつもご愛読いただきましてありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの田口と申します。

「ISO9001 2015年版~建設業界の今後~」というテーマで書かせていただきます!

実態に合わせ行きましょう。

今回のISO9001 (アイエスオーキュウセンイチ)とISO14001(アイエスオーイチマンヨンセンイチ)が規格改訂されて、規格要求事項の項番が9001、14001、27001ともに揃うようになりました。
そして、ISOと企業の運営を結び付けていきましょうという認識がISO自体に出てきています。

ISO総合研究所では、規格改訂を行うときにはまず「実態に合わせていきましょう」と必ず提案させていただきます。

ずっと長くISOを維持・運用されているあなたのような会社は、色々とルールが染みついていてピンと来ないかもしれませんが、実際に使っているマニュアル・帳票類とISOのために作っているマニュアル・帳票類をしっかりと分けて、後者を無くしましょうということです。

建築業界をずっと続けていられて、昔からISOを取得維持しているあなたのような会社では、昔のISOがしっかりどっさりと残っている可能性が十分あります。

あなたの会社には、施工手順書、測量手順書、営業手順書…○○手順書や○○報告書など、ISOのためだけに作ったものはありませんか??その手順書などは現場で使えるものですか??

ISOのために作ったもので、現場で使っていなかったらそれは“ムダ”でしかありません。あなたの会社ではどれくらい、“ムダ”がありますか??この“ムダ”を取り除かない限り、あなたの会社では人件費がかさんだままになります。

今までだと、審査の二ヵ月くらい前から力技で書類を作っていたと思います。どうでしょう?

2ヵ月のうちの会社内のエースの半分の工数がISOのために割かれてしまっていたとします。約20日間ですね。
給料30万×20日分がISOのためになくなっていたとしたらゾッとしませんか?!これを売り上げのために使った方がいいですよね!?

ISOのためだけに作っている書類をなるべく無くして実態に合ったISOを運用していけば、売り上げにも貢献できる時間が増えるはずです。建築業である職人のあなたなら手順書等は必要がない、あったら教えるのに不都合だとわかっているはずです。

なので、規格改訂をするときはまずは「実態に合わせ行きましょう。」

ハイレベルストラクチャー

その他、9001以外にも14001、環境や27001、情報セキュリティのISOをお持ちのあなたの会社は、一つのマニュアルにもできます。要求事項の項番が揃っているからです。

このことをちょっとした専門用語で、ハイレベルストラクチャーといいます。
ハイレベルストラクチャーってなんですか?というお話になりますよね。
そもそも、ハイレベルストラクチャーなんて言葉は聞いたこともない方が多いと思います。

では、今の時代、ネットで検索すれば簡単に出てくる時代となりました!
ということで、検索と言えば、Google先生ーー!!

色々なホームページを参考にできます。
以下参照です。

ハイレベルストラクチャーとは?

2012年に改定された「ISO/IEC専門業務用指針」の附属書SLが定めているISOマネジメントシステム規格の共通構造のことを指しています。

このハイレベルストラクチャーに基づいて策定されたISOマネジメントシステム規格は、構造、要求事項、用語の定義の共通化が図られ、各規格間の整合性がとられており、今後、策定・改訂されるISOマネジメントシステム規格は、このハイレベルストラクチャーに基づいて作成されることが決められています。

引用先:BSIジャパンホームページより

色々と難しい言葉を使うのが日本人は好きですねぇ…。なぜ難しく言うのかがわからないですが。
では、わかりやすく言い変えると…

これまでバラバラだった規格の章構造が統一され、それに合わせ、用語の定義なども統一されます。

ということなのです!

このハイレベルストラクチャーが採用されることにより、複数規格を有する組織ではマニュアルの統一や使用する様式の統合が進めやすくなるメリットがあります。

主要な3つの規格、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO27001(情報セキュリティ)がハイレベルストラクチャーによって、会社が上記の全部の規格を持っていても3つの規程・マニュアルが1つになり、書類が減って管理がしやすくなるのです。

この書類はずっとあったので…というあなたは、売り上げを上げてあなたの給与やボーナスが増えるのと、今の状態が当たり前で心地よいからこのままを続けていく。のどちらがよいですか??もちろん給与が上がった方がうれしいですよね?!

それでしたら、スリム化をして通常業務が出来るような体制を作っていきましょう!

そんなマニュアルの改訂やスリム化をどうやっていいのか分らないと思いますので、お手伝いさせていただきます。
弊社では、運用代行サービスを行っております。

あなたの会社の事務局として一緒に運用することができますので、さらにあなたの会社のISOにかかる時間が無くなります。
書類作成、年間スケジュール組み、規格改訂、ムダな規程類の削減・規程の見直し、内部監査をやらせていただきますので、それらにかかる時間が全てなくなります。
その分の時間を売り上げのための時間に使って頂き、売り上げを伸ばしていただきたいです!!

僕らのミッションは、お客様のISOにかかる時間、工数を「0」に近づけていくということです。

また読んでいただけることを楽しみにしております。
ありがとうございました。

カテゴリー:未分類
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ