ISO9001:2015 4 組織の状況


ISO総合研究所 コンサルタントの前田です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

さて、今回はISO9001:2015の内容について、

話していこうと思います。

 

>4 組織の状況

>4.1 組織及びその状況の理解

>組織は,組織の目的及び戦略的な方向性に関連し,かつ,その品質マネジメントシステムの意図した結果を達成する組織の能力に影響を与える,外部及び内部の課題を明確にしなければならない。

>組織は,これらの外部及び内部の課題に関する情報を監視し,レビューしなければならない。

>注記1 課題には,検討の対象となる,好ましい要因又は状態,及び好ましくない要因又は状態が含まれ得る。

>注記2 外部の状況の理解は,国際,国内,地方又は地域を問わず,法令,技術,競争,市場,文化,社会及び経済の環境から生じる課題を検討することによって容易になり得る。

>注記3 内部の状況の理解は,組織の価値観,文化,知識及びパフォーマンスに関する課題を検討することによって容易になり得る。

 

まずは4項ですが、マネジメントシステムを作っていくにあたって最初にしていくこととして、記載されていることになります。

 

マネジメントシステム、いわゆる会社の仕組みを作っていくにあたっては初めに会社の状況を知っておきましょうということです。

 

その会社の状況を知っていくにあたって、会社内部のことだけではなく、外部のこともつかんでおこうとなっているわけです。

 

外部の状況というのは注記2に書かれているように法律などの法的要求や新しい技術の発展やライバルの変化によって会社の置かれている状況は代わり、会社の仕組み作りも変えないといけないということです。例えば今と昔ではガラケーからスマホに皆が使うものとして変化があれば、会社の仕組みも変えて行く必要があります。

 

これは内部の状況でも同様です。今まで会社内にいた人たちの知識や技術が、従業者の定年によって失われる可能性があるとなってくると、好ましくない要因として見ていなければなりません。逆に従業者が定年で辞めるということを好ましい要因として見た場合には古い体質の変更などがあげられるかもしれません。

 

まずはこういった内部や外部の課題を理解して会社の仕組みづくりをしていきましょうということで4.1組織及びその状況の理解というものがあると思ってください。

 

 

>4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解

次の事項は,顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を満たした製品及びサービスを一貫して提供する組織の能力に影響又は潜在的影響を与えるため,組織は,これらを明確にしなければならない。

>a) 品質マネジメントシステムに密接に関連する利害関係者

>b) 品質マネジメントシステムに密接に関連するそれらの利害関係者の要求事項

組織は,これらの利害関係者及びその関連する要求事項に関する情報を監視し,レビューしなければならない。

 

ここではまず会社の仕組みを作るには、利害関係者、お客様や取引先、材料購買先や従業者から何を求められているのか?何を期待されているのか?を理解しておきましょうとなっています。製品やサービスを提供する相手がどんなことを求めているのかわからないのにお仕事はできませんよね。

 

そこでまずはマネジメントシステムを作っていくにあたっての利害関係者、利害がある先をはっきりさせておきましょうとなっていますが、おおまかには上にも書いたようにお客様や取引先、購買・外注先、従業者などが当たるのではないかと思います。企業様によっては当然他のものも該当するなら入れておいて良いです。

 

利害関係者がはっきりしたら、それぞれの利害関係者が何を求めていて、何を期待しているのかを抑えておきます。お客様でいうと単純に品質、コスト、納期だったり、古く変わらないおつきあいであったりがあるのではないかと思います。購買・外注先はたくさんの注文かもしれませんし、従業者は福利厚生かもしれません。そういった求めていることをわかった上で、マネジメントシステム、会社の仕組みを作っていこうとなっています。

 

 

>4.3 品質マネジメントシステムの適用範囲の決定

>組織は,品質マネジメントシステムの適用範囲を定めるために,その境界及び適用可能性を決定しなければならない。

>この適用範囲を決定するとき,組織は,次の事項を考慮しなければならない。

>a) 4.1 に規定する外部及び内部の課題

>b) 4.2 に規定する,密接に関連する利害関係者の要求事項

>c) 組織の製品及びサービス

>決定した品質マネジメントシステムの適用範囲内でこの規格の要求事項が適用可能ならば,組織は,これらを全て適用しなければならない。

>組織の品質マネジメントシステムの適用範囲は,文書化した情報として利用可能な状態にし,維持しなければならない。適用範囲では,対象となる製品及びサービスの種類を明確に記載し,組織が自らの品質マネジメントシステムの適用範囲への適用が不可能であることを決定したこの規格の要求事項全てについて,その正当性を示さなければならない。

>適用不可能なことを決定した要求事項が,組織の製品及びサービスの適合並びに顧客満足の向上を確実にする組織の能力又は責任に影響を及ぼさない場合に限り,この規格への適合を表明してよい。

 

ここでは適用範囲なので、ISOを取得する範囲、マネジメントシステム、会社の仕組み作りをどの範囲でやるのかをはっきりさせておきましょうということです。どこからどこまででやるのかを明確にしていなければ会社の仕組みが作れないということです。

 

例えば何をはっきりしておくのかというと、境界と書かれていますので、わかりやすいのは物理的な境界です。拠点とか場所などがわかりやすいかと思います。全社で仕組み作りを考える企業様もあれば工場単位で考える企業様もあるからです。あとは適用可能性、この規格要求事項の内容をすべて適用することができるのかどうかを考えるということです。適用ができない場合にはその正当性を示す必要があります。旧規格をご存知の方は適用除外が一番近いと思います。設計開発を除外しているケースが多かったかなと思います。またこの適用範囲を決める場合には境界や適用可能性だけではなく、4.1や4.2で理解したことを踏まえて決めていく必要があるとなっているので忘れずに見ていきましょう。

 

 

いかがでしたか?

難しい言葉も多いので上手く説明できていない所も多いですが、

ISO9001:2015の内容について触れていこうと思います。


メールアドレス