• ISO
  • Pマーク
  • ISMS

コラム

  • 2017年9月6日

関西人が教えるお笑いISO9001

_shared_img_thumb_freee151108028752_TP_V

皆さんこんにちは!
お世話になっております。ISO総合研究所の崎山です。
いつもご愛読いただきありがとうございます。

今回は関西人が教えるお笑いISO9001ということで、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
いやいや、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
確かに関西人やからって、教えるもんなんでもおもしろくなるわけないですやん!!!!!!

まあ、言われたからにはやりますよってからに、
まずまずISO9001ってなんですの??ってところをご紹介させていただきます~。

ISO9001とは、、、、
ずばり!!!お笑い芸人と同じなんですよ!!!!!
えっ!?!!?
なんでそうなんの!?
って思われたそこのあなた!今から説明しますやん。

お笑い芸人で言うところの仕事のジャンル!!
これがISO9001でいうところの「4.3適用範囲」になります!!

たとえば、通常は舞台で漫才だけやる漫才芸人でも、
テレビでコントをやるのか?ロケでリポーターまでやるのか?
はたまた、司会で他の芸人さんを回してあげるのか!?
もしかしたら、芸人やけどドラマのお芝居で女優さんとたのしいことしちゃったりとか、、、、、、
みたいな、

お笑い芸人でも最初はたいてい漫才芸人でも
実力をつけてきたら、みんなテレビに出ていろんなことし始めます。
それがISO9001でいう「4.3適用範囲」なんやで!!!!!!!!!!!!!!
お笑い芸人さんによっては、
「一生舞台で漫才しかしまへん!!」っていう人もおったりしますからね!
適用範囲は自由に自分で選べるんで、本人の意思で仕事が来ても断ることができます!!
芸人によってはジェットコースターとかの絶叫系ロケがNGかもしれへんし、
海外にいくような仕事は絶対受けないっていう芸人さんもいるかもしれへん。
それは自由なんです!

またお笑い芸人は仕事が自由なだけに目標を決めなあきまへん!!!
ただ、なんとなくお笑いの仕事こなしてるだけやったら、
絶対に有名になれまへん!むしろ目標がないのにお笑い芸人やってるわけありません!!

だれしも目標があって、
「M-1で優勝してみたい」
「有名になって、さんまさんと同じ番組で仕事をしてみたい」
「お笑い芸人を経てドラマで活躍して、女優と結婚したい」
みたいな目標を決めます!
その為にはまず、今年何をしないといけないのか?
テレビ番組1本レギュラー獲得しないといけない!!などが明確になってきます!!!
それがISO9001で言うところの
「5.4.1 品質目標」になるんやで!!!!

だからと言って、
はじめから、みんないろんな仕事もらえるわけやありまへん。
ましてやテレビ出れるわけありまへん。
たくさんの芸人さんがいろんな漫才の賞を受賞して、人気を築いていくんです。

M1グランプリであったりとか、上方漫才大賞だったり、、、、、、、、、、、、
ただ、人気を築いていくステータスとしては、
賞を受賞することだけが大事なわけじゃありまへん。
たとえば、徹子の部屋にでられること自体が、
現状の人気をはかれることになるかもしれません。

またお笑い芸人さんだったら、
レギュラー番組●本出演、準レギュラー番組●本出演みたいな感じで、
レギュラー番組の本数で自分の人気のステータスを測ったりできるんですよ!!
それがISO9001でいう「7.2力量」なんやで!!!!!!!!!
賞を取ることが芸人の力量だと判断できるし、
いろんな番組に出ることも一つの力量があると判断できるんですよね!!
芸人がそういった賞をとっていくのには並大抵の努力じゃあきまへん。
漫才やったら100や200のネタじゃ足りんはずです。
1000個くらいネタあるかもしれまへん。
その1000個くらい書いてあるネタ帳、それがISO9001でいう「7.1.6組織の知識」なんですよ。

これは何事にも代えがたい大事なもんなんで、乱雑に扱ったらあかんよってに、
ちゃんと管理しとかなあかんのやで。
ただ、「7.1.6組織の知識」と言っても、ネタ帳だけが「7.1.6組織の知識」に当てはまるわけや
ありまへん。
いろんな舞台での漫才、ロケ、テレビ番組への出演、その中での成功体験、失敗体験、
それらすべての経験が「7.1.6組織の知識」に含まれるんやで!!!!!!!
今まで経験してきたことがあるから新たなお笑いが生まれるんや!!!!!!!!!

ただ新たなお笑いを生むためには、自分の経験だけじゃ無理やで!
学生のころに過去のお笑い芸人がやってきた漫才、番組、そういったものをビデオ録画しまくって、
擦り切れるほど見た経験があるからこそ、自分の経験もあるんやで。
ちなみに録画したビデオも、もちろんISO9001でいう「7.1.6組織の知識」に含まれるで。

ついでやから、「7.1.6組織の知識」について、もう1個言うとくと、
a) 内部情報源(例えば、知的財産、経験から得た知識、失敗から学んだ教訓及び成功プロジェクト、文書化していない知識及び経験の取得及び共有、プロセス、製品及びサービスにおける改善の結果)
b) 外部情報源(例えば、標準、学界、会議、顧客又は外部の提供者からの知識収集)
上に書いてある、内部情報源と外部情報源ってあって、この違いは要するに、

「自分で書いたネタ帳」が「内部情報源」
「友達からもらったお笑いDVD」が「外部情報源」
ってことですわ!
なんとなく理解してもらえたらそれでええですわ!

というか、まだ全然書き足りないですが、
お時間のようですので、この辺でお開きにさせていただきます~。

まだまだISO9001には覚えあきまへんことたくさんありますが、
とりあえず初回としてはこんなもんですわ。

また機会がありましたら、
書かせてもらいますよってに。

毎度おおきに!!


カテゴリー:ISOコラム
関連記事
0120-068-268
資料請求
お問い合わせ