• ISO
  • Pマーク
  • ISMS

コラム

  • 2017年10月20日

イチから始まるISO14001(環境)取得物語

shared_img_thumb_PAK85_Projectannai20141123172459_TP_V

いつもご愛読いただきありがとうございます。
ISO総合研究所の堀田です。

雨が降り続け連続日数を更新した今年。そして、夏が早々に終わってしまいそうな
今日この頃、夏が大好きな人には残念な夏かもしれません。
私は神奈川区の草野球を制したことが夏の一番の思い出です。

と、無駄話はこれ以上にしてテーマに移りましょう。

今回は

~~イチから始まるISO14001(環境)取得物語~~

です。

ISO14001(環境)のイメージは皆さん、どういうイメージ、考え方でしょうか?

数多くのお客様にお伺いさせていただきますが、一番多いイメージは

『環境に良いことをすること』

多くのお客様が口にします。
間違いではありませんが、これで進んでいくと行き着く先はおおよそ紙、ゴミ、電気の削減。
過去のISO14001(環境)でも一般的になっていました。
そして、向かえる結末はやりつくして改善が苦しくなってくるという時が来ます。

なんで、たぶん方向性が違うんでしょう。
ISO14001が言っているのは事業活動の中で行っている活動は何かを考えるという事です。

最近、働き方改革や残業の問題がありますね。
残業時間を減らす、定時で週2回帰るでも環境に影響しています。
この場合は、結果エネルギー使用(電気、設備の燃料等)を削減が出来ています。

省エネ商品の販売(商社さん)、工事のやり直し削減(建設さん)も結果として
環境に配慮している結果となります。なのであくまでも事業活動の中が主です。

普段やられていない活動を生み出すことではありません。
これを大前提として考えましょう!

では、実際の例をご紹介します。

取った会社さんは公共の電気工事を主としている千葉県のK社様
50名ほどの会社さんですが、実績は素晴らしいもの会社さんでした。
もともとISO9001(品質)は取得されていましたが、経審に対する点数プラスのため
6月中には取得されたいとの事でした。

早速ですが、これが大事です!
何のための取得なのかという点が重要です。
このビジョンがないと進みませんし、取れたとしても邪魔なものになってしまいます。

お金を貯めるというAさん、1年で100万円貯めるというBさんでは実現性も
大きく分かれるでしょう。Bさんの方が良いと思います。

何故か?

それは目標を立てやすいいからです。そして行動策も立てやすいからです。
今回はISO14001(環境)の事ですが、ISO9001(品質)だろうとほかの
ISOだろうと一緒です。ここをまず決めてください。

必ず決めてください、必ず。

という事でビジョンは決まりました。

ISO14001(環境)に対してのイメージは上記で書いたとおり、車をプリウスにする
裏紙を使うようにする。というものでした。

なので、このイメージを変えるところから入りました。
普段のお話からお聞きしていくと経審を上げるために2点取り組まれていました。
①1級資格技術者を増やすこと
②優良工事をとること

素晴らしい活動です!
そして、環境に繋がります。捉え方をご紹介しましょう!

①1級資格技術者を増やすこと
新人の方が施工する工事と1級資格技術者保有の方が施工する方の工事では
完了までの時間、使う材料の量など違いが出てきます。
資格を取ったからといって出来るわけではないと言われるかもしれませんが、
差は間違えなく出るでしょう。結果、環境に配慮出来ているのです。

②優良工事をとること
ここで重要なのは、やり直しがあってはならないという事でした。
このベースがあって出来栄え、安全などの点数が評価されます。
環境に関係あるのはなぜか?改めて材料を追加で使う、重機を使うなど
計画では使わない予定のものを使用します。結果、環境に配慮出来ているのです。

この2点が普段の事業活動でされている事でしたので、そのまま目標として
取り入れさせてもらいました。
なので、特別にやることが増やさず【普段】の活動なのでISOのためというような
余計な二重ルールがなく、ISOに望めます。ちなみに①②はISO9001(品質)でも使えます。

環境では、「著しい環境側面」「法令順守」というものが必ず付いてきます。
まずは「著しい環境側面」ですが、事業活動の中で最も目立つ環境に影響するもの
選びましょうという事です。

これは既に取得されている会社さんでよく見受けられるのは、すべての行動を
洗い出されており膨大なものになっていることがほとんどです。
しかし、ISOは『全て洗い出せ!』とは言っていません。
会社さんとして注意をしなければならないことを選びなさいという事です。
紙を使う、燃料による火災、電気というエネルギーを使用等は必然です。
会社さんとして本当に重要かどうか考えましょう。
というよりは不良を減らす、劇物薬品の保管量等の会社さんとしての
影響も考えるとやりやすいのではないかと思います。
結果、K社様は1ページで収まりました。

次に法令順守ですが、これも「著しい環境側面」と考えは一緒です。
すべて洗い出せという事ではありません。特に気をつけて守らなければならない法律は
何なのかを考えるという事です。産業廃棄物、消防、振動、騒音、地域条例など
多くありますが、特別に意識しなくても処理されている法をわざわざ法令台帳に
記載する必要はありません。注意しましょう!

この後、内部監査、マネジメントレビューを行い目標の6月に取得できました。

普段の事業活動を主に構築させてもらいましたので、二重のルールが出来ず
取得できました!

皆様の役に立てばと思います。
全てでもなくともご参考にしてください。

行き詰ったら、一度ご相談ください。

では、ありがとうございました!


カテゴリー:ISOコラム
関連記事
0120-068-268
資料請求
お問い合わせ