• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

コラム

  • ISO
  • ISO14001
  • 「秘密結社ショッカー」で考える「ISO:14001 6.1.2環境側面」
業界初!全額返金保証!月額4万円からのISO取得サービス

「秘密結社ショッカー」で考える「ISO:14001 6.1.2環境側面」

b573e5fc82119899cd84ac22a6b2d5ba

いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所 コンサルタントの保住です。

大好評(?)ショッカーシリーズ第4弾!!!
今回のテーマはずばり!「ISO:14001 6.1.2 環境側面」についてです!!

あの秘密結社ショッカーが「ISO:14001 6.1.3 順守義務」に続いて「ISO:14001 6.1.2環境側面」についても考えます。

「仮面ライダー」の世界観については、前回のコラムで説明致しましたので割愛させていただきます。
初めての方はこちらをご覧くだいませ。
↓ ↓ ↓ ↓
【ISO9001】6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定と秘密結社ショッカーの世界征服

「ISO:14001 6.1.2環境側面」とは?

まずは規格の内容を簡単に説明させていただきます。
「ISO:14001 6.1.2環境側面」とは、規格では以下のように書かれています。

「組織は環境マネジメントシステムの定められた適用範囲の中で、ライフサイクルの視点を考慮して、組織の活動、製品及びサービスについて、組織が管理出来る環境側面及び組織が影響を及ぼすことが出来る環境側面、並びにそれらに伴う環境影響を決定しなければならない。」

ちょっと何を言っているのか解りませんね。(笑)

分かりやすく言うと、企業は普段の仕事のワークフローの見直しを行い、普段の活動や製造工程において出来上がる物の中から環境に影響を及ぼすものを決定してくださいね。ということです。

ちなみに、「環境に影響を及ぼすもの」というのは良い影響、悪い影響どちらも含みます!

それでもなかなかしっくり来ないですかね?
安心してください!この後、ショッカーに例えてもう一度解説します!

環境側面を決定する際、普段の一日のお仕事を振り返ってみると解りやすいです。
業務フローがある企業さまは、業務フローを環境に影響を与えるものかどうかという観点で見直してみてください。

ショッカーのワークフローについて一度おさらいしてみましょう。
資源を調達してから、怪人を製造するフローをざっくりと下記3段階に分けてみました!

①資源の調達
②研究・開発
③製造

それではひとつずつご説明いたします!

秘密結社ショッカーが環境側面を決定!①資源の調達

怪人を作るためには資源が必要です。
怪人の元となる人間の誘拐や物資の調達、化石燃料等の発掘などが考えられます。

上記の3つに共有することは、どれも輸送のための車を使用することです。
車を使用することで環境に影響を及ぼすことがありますね。

そう、「排気ガス」です。
排気ガスは空気汚染につながるので悪い影響に該当します。

それ以外にも化石燃料では、大きなドリルなど様々な重機を使用することになります。
重機の使用となると「排気ガス」の他にも「騒音」や「振動」なども出てきますね。
これらも環境に悪い影響を与えることになります。

さらに、「人間の誘拐」ですね。
人を誘拐するということは、誘拐した人の周りに大きな精神的ダメージを与えます。

誘拐するとどうなるか連想してみると、
誘拐された → 家族・友人が警察に届出 → 警察めっちゃ探す → パトカーめっちゃ出動する → パトカー=車輛 → 「排気ガス」めっちゃ出る

ステップ①の段階でだいぶ環境に悪いことをしていますね・・・。

秘密結社ショッカーが環境側面を決定!②研究・開発

続いてはステップ①で調達してもらった資源を元に研究・開発です!

研究開発に欠かせないもの・・・PCや紙などがありますね。
紙の使用、電気の使用はそれだけで環境に大きな影響を与えます。
これもどちらかと言うと悪い影響になりますね。

さらに研究開発だと試作品や失敗品などスクラップ品が出てくることも考えられます。
それをそのままゴミに出す場合、環境に悪い影響を与えます。

しかし、それをリサイクルして活用する場合は環境に良い影響を与えることになります。

果たしてショッカーはどうしているんでしょうか?
それは皆様のご想像にお任せいたします。(笑)

秘密結社ショッカーが環境側面を決定!③製造

続いては製造になります。怪人や武器の製造ですね。

怪人や武器では多くの機械を使用することが考えられます。
機械を使用するということは膨大な電力の使用が予想されますね。
さらには大きな機械だと「騒音」や「振動」もあると思います。

あとは、勝手なイメージですが、怪しい液体とか使ってそうですよね。
となると水の汚染も考えられますね。
「水の汚染」これも環境に悪い影響を与えるものですね。

そうしてなんやかんやで怪人が生まれるわけですね。

その怪人の能力にもよりますが、大体は軍事兵器みたいな能力なので生み出される怪人も環境にいい影響を与えると思えません。
草を生やす怪人とかゴミを食べる怪人を作ったとしたら、それはそれで環境にいい影響を与えることになるので、どうするかはショッカー次第といったところでしょうか。(笑)

まとめ

またまた妄想大爆発(!)の内容となってしまいましたが、
「ISO:14001 6.1.2環境側面」について少しご理解いただけましたでしょうか??

「もう少し詳しく聞きたい!」とか、「読んでもわからない直接来てショッカーで説明して!」となった方がいらっしゃいましたらいつでもご連絡くださいませ。

以上、コンサルタント保住のショッカーコラムでした!!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ショッカー関連記事はこちら

【ISO9001】6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定と秘密結社ショッカーの世界征服
「秘密結社ショッカー」で考える「ISO:9001 4.1 組織及びその状況の理解」
「秘密結社ショッカー」で考える「ISO:14001 6.1.3 順守義務」

カテゴリー:ISO14001 タグ:ISO ISO14001 環境側面 要求事項 規格要求事項 規格解釈
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ