• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

ISOコラム

  • ISO
  • ISO9001
  • ISO9001でフルートを作ろう!前編(「4.組織の状況」「5.リーダーシップ」「6.計画」「7.支援」)
月額4万円からのISO取得・更新代行サービス

ISO9001でフルートを作ろう!前編(「4.組織の状況」「5.リーダーシップ」「6.計画」「7.支援」)

flute_01

いつもご愛読いただきましてありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタント兼市民吹奏楽団楽団長の田口と申します。

今回は「ISO9001でフルートを作ろう!」というテーマで、規格の要求項番に沿って前編・後編に分けてお送りいたします。

本コラムは前編ということで、下記項番を用いてご説明いたします!

4.組織の状況
5.リーダーシップ
6.計画
7.支援

後編(ISO9001でフルートを作ろう!後編(「8.運用」「9.パフォーマンス評価」「10.改善」))はこちら

それでは早速、楽しんでまいりましょう!!

4.組織の状況 ~まずは今の現状把握をしよう!~

まずは今の組織の状況・課題を把握しましょう。
ここを怠ってしまうと、適切な計画が立てられません。

規格要求では、「外部と内部の課題を把握しましょう。」とあります。
では、どんなものが挙げられるのでしょうか?項番に沿って確認していきましょう!

4.1 組織及びその状況の理解

例えば、
・フルートを作成するのに必要な金属の高騰。(外部)
・技術者が高齢化し、技術の継承がどんどん難しくなってくる。(内部)
というものが挙げられます。

ここまでで、現在の課題を洗い出せました。
次に、利害関係者のニーズを洗い出しましょう。
利害関係者とは、お客様、協力会社、従業員(団員)、近隣住民などです。

4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解

利害関係者のニーズと期待の把握
・お客様はどんなフルートが欲しいのか?
・どんな音を出さなければいけないのか?
・加工しているときの音は近隣に迷惑はかからないか?

次に、これらを元にISOの範囲を決めます。

4.3 品質マネジメントシステムの適用範囲の決定

フルートの製造

5.リーダーシップ ~細かいことは一旦ステイ、まずは方針を立てよう~

5.2.1 品質方針の確立

品質方針

当楽団はISO9001の仕組みを使い、演奏品質を改善していくために以下にのっとって活動を行っていきます。

・お客様に喜ばれるフルートを作成します。
・品質は面を上げることはもとより、お客様に喜ばれるフルートを目指すために、継続的に改善活動を行っていきます。

作成日:2019年8月1日
代表取締役 田口裕一

6.計画 ~実際に改善を行うための計画を立てよう~

まずはリスクと機会を把握しましょう。
そのあとに、把握できたリスクと機会に対応するための行動を決めていきます。

6.1 リスク及び機会への取組み

リスクと機会

・人員は足りているか?⇒採用を行っていく。
・品質不良が多くなっている。⇒工程検査を細かくする

などなど…いっぱいあるのですが、これくらいにしておきます。

次は目標の設定です。
表などに落とし込むと分かりやすいのですが、ここでは簡単に箇条書きで書きだしていきます。

6.2 目標及びそれを達成するための計画策定

・品質不良を5件以内にする。
工程ごとの検査を確実にし、チェックリストを残す。

7.支援 ~ヒトモノカネは足りる?足りない場合は確保計画を立てよう~

楽器作成機器のメンテナンスはとても重要です!
ISO9001では、本項番がそれに該当します。

7.1.5 監視及び測定のための資源

校正に関しては、寸法などを測るためのノギスは誤差がないようにしなければ、音が変わってきてしまいます。

7.2 力量

・技術者が足りない
・力量が足りないところを補わなければならない

力量を把握したら、教育の計画を立てましょう。

・採用計画を立てる
・OJTの計画

7.4 コミュニケーション

コミュニケーションについては、製作のための計画を立てていく。
進捗の確認をするための製作会議を毎週1回行っていく。

7.5 文書化した情報

チェックリストは、紙で記載するようにし、5年間の保管を決めたりします。
最近では、データ化したほうが紙を残さなくて済むので、例えば、iPadにチェックリストシステムを入れて、それを保管しておくというのもよいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
前編では、「4.組織の状況」「5.リーダーシップ」「6.計画」「7.支援」を取り上げてきました。
ここまででよく分からない・ここはどういう意味?等ご質問がございましたら、ISO総研までお気軽にお問い合わせください!

後編では、「8.運用」「9.パフォーマンス評価」「10.改善」についてご説明します!

ISO総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。
無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

\ お問い合わせフォームはこちら /

WEBお問い合わせ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ