• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

ISOコラム

  • ISO
  • ISO9001
  • ISO9001を用いたフットサル大会優勝への道!
月額4万円からのISO取得・更新代行サービス

ISO9001を用いたフットサル大会優勝への道!

804bf6a2c456a44c74952a116752a271_m-min

いつもブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの松口と申します。

今年もあと残り2ヵ月と少しとなりました。1年ってあっという間ですね。
もう2019年が終わります。今年は何を頑張ったのか、何をしたのか振り返るといいでしょう。
そして、来年のしたいことの計画を立てて充実した2020年を迎えられるようにしていきたいですね!

最近プライベートでは、会社のメンバーでフットサルをよくやっております。
身体を動かすことはいいことなのでみなさんスポーツやりましょう!!

そこで、今回のブログのテーマは、最近よくやっている『フットサル』をテーマにしていきたいと思います。
やるからには会社のメンバーでフットサルの大会に出て優勝したいですね!
そのために何をしなければならないのかをISO的な考え方で説明いたします。

ISO9001を用いたフットサル大会優勝への道!

フットサルを簡単解説
フットサルとサッカーは違うものです。
競技者の人数もフットサルは5名に対して、サッカーは11名で行います。
ボールの大きさも違います。フットサルは4号級という弾みにくいボールを使用します。
試合時間もフットサルは20分ハーフに対して、サッカーは45分ハーフで実施します。
よくサッカーの試合で見かけるスローインもフットサルにはありません。
全部キックインでの再開になります。

まぁ、要するに色々と違うところがあるということです。(笑)
フットサルの説明はこれくらいにしておいて、それでは、実際の内容に入っていきましょう!

1.ISO9001:2015の要求事項4.1 組織及びその状況の理解
組織は,組織の目的及び戦略的な方向性に関連し,かつ,その品質マネジメントシステムの意図した結果を達成する組織の能力に影響を与える,外部及び内部の課題を明確にしなければならない。
組織は,これらの外部及び内部の課題に関する情報を監視し,レビューしなければならない。

4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
次の事項は,顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を満たした製品及びサービスを一貫して提供する組織の能力に影響又は潜在的影響を与えるため,組織は,これらを明確にしなければならない。
a) 品質マネジメントシステムに密接に関連する利害関係者
b) 品質マネジメントシステムに密接に関連するそれらの利害関係者の要求事項
組織は,これらの利害関係者及びその関連する要求事項に関する情報を監視し,レビューしなければならない。

5.2 方針
5.2.1 品質方針の確立
トップマネジメントは,次の事項を満たす品質方針を確立し,実施し,維持しなければならない。
a) 組織の目的及び状況に対して適切であり,組織の戦略的な方向性を支援する。
b) 品質目標の設定のための枠組みを与える。
c) 適用される要求事項を満たすことへのコミットメントを含む。
d) 品質マネジメントシステムの継続的改善へのコミットメントを含む。

6 計画
6.1 リスク及び機会への取組み
6.1.1 品質マネジメントシステムの計画を策定するとき,組織は,4.1 に規定する課題 及び4.2 に規定する要求事項を考慮し,次の事項のために取り組む必要があるリスク及び機会を決定しなければならない。
a) 品質マネジメントシステムが,その意図した結果を達成できるという確信を与える。
b) 望ましい影響を増大する。
c) 望ましくない影響を防止又は低減する。
d) 改善を達成する。

6.1.2 組織は,次の事項を計画しなければならない。
a) 上記によって決定したリスク及び機会への取組み
b) 次の事項を行う方法
1) その取組みの品質マネジメントシステムプロセスへの統合及び実施(4.4 参照)
2) その取組みの有効性の評価
リスク及び機会への取組みは,製品及びサービスの適合への潜在的な影響と見合ったものでなければならない。

6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定
6.2.1 組織は,品質マネジメントシステムに必要な,関連する機能,階層及びプロセスにおいて,品質目標を確立しなければならない。品質目標は,次の事項を満たさなければならない。
a) 品質方針と整合している。
b) 測定可能である。
c) 適用される要求事項を考慮に入れる。
d) 製品及びサービスの適合,並びに顧客満足の向上に関連している。
e) 監視する。
f) 伝達する。
g) 必要に応じて,更新する。
組織は,品質目標に関する文書化した情報を維持しなければならない。

6.2.2 組織は,品質目標をどのように達成するかについて計画するとき,次の事項を決定しなければならない。
a) 実施事項
b) 必要な資源
c) 責任者
d) 実施事項の完了時期
e) 結果の評価方法

上記に記載されている通り、目標を設定する前に内部及び外部の課題を洗いだしたり、利害関係者のニーズ及び期待を考慮し、リスク及び機会への取り組みをしなければなりません。
目標は品質方針と整合していないといけません。

2.各要求事項について4.1 組織及びその状況の理解
■内部の課題               
・練習する時間が取れいていない      
・人材不足(経験者が少ない)       
・フットサルを教えてくれるコーチが居ない 
■外部の課題
・フットサルコートが空いておらず練習する場所がない
・フットサルの大会では若い人の参加が多い(体力がある人が多い)
・練習試合をたくさんしているチームが多いため、試合慣れしている

4.2 利害関係者のニーズ及び期待
・メンバー 
⇒もう少し練習する時間が欲しい
⇒試合には勝ちたい
⇒参加人数を増やしたい
・審判
⇒フェアプレー
・大会主催者
⇒大会にエントリーして欲しい
⇒フットサル人口を増やしたい

5.2 方針
・楽しみながら試合に勝つ
・月2回の活動は継続していき、参加者を増やす
・色んな人とフットサルをし、力量を上げていく
 
6.1 リスク及び機会への取り組み
・リスク
⇒人材不足のため、そもそも試合に参加することが出来ない
⇒月2回から活動回数を増やすと参加者が減ってしまうかもしれない
⇒教えてくれる人が居ないので、自分たちでどうにかするしかない
・機会
⇒お客様とフットサルをやることでコミュニケーションを取ることができ、外部の人とすることで力量も上がる
⇒力量を上げるために活動メニューの見直し
⇒参加者増加のために、週一回の参加者募集の声掛け

6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定
・目標
⇒フットサルの大会で1回は優勝すること!!(大会に何度か出てますが優勝したことはありません。。。) 

達成するための計画
・月2回の活動を維持していく
┗楽しみながら練習できるようにする
・毎回のフットサルの参加人数を10名以上にする
・月1回はお客様や知り合いと一緒にフットサルを実施し、試合慣れをする

3.まとめ今回のブログを読んでみて、フットサルしたくなりましたよね?
フットサルでなくてもみなさん身体を動かしましょう!

自分の趣味や身の回りの出来事をISO9001に合わせて考えてみるのも楽しいですよ!
ISOに関して何かお困りごとがございましたら、是非一度ISO総合研究所にご連絡してみてください。
現場で経験を積んだコンサルタントが御社にお伺いさせて頂きアドバイスをさせて頂きます。

ISO総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

\ 便利なWEBお問い合わせフォームはこちら /

WEBお問い合わせ

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント

カテゴリー:ISO9001

タグ:

関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ