• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

ISOコラム

月額4万円からのISO取得・更新代行サービス

テニス部で考えるISO9001!!

8b337f0b01078587f637b4f50a621622_m-min

皆さんこんにちは!!
ISO総合研究所の赤澤です。

気が付けば11月も半ばに差し掛かり、すぐに年末がやってきますね。
年々1年が終わるのは早くなってきている気がしております。。。

さて、私事ではございますが私学生時代にはテニスをやっておりました。
そこで、今回は『テニス部で考えるISO9001』についてご説明させて頂きます!

ISO9001についてまずISO9001について簡単にご説明致します。

ISO9001とは品質マネジメントシステム、一貫した製品・サービスを提供し、顧客満足を向上させるためのマネジメントシステム規格です。

ISO9001は品質マネジメントシステムに関する国際規格であり、最も普及しているマネジメントシステム規格です。

それでは、実際に説明していきます。

ISO9001では、まず現状把握が必要になります。
行動計画や、それを実行する前に現状を把握することが必要になってきます。
現状把握の内容としては以下の2つです。

①4.1組織及びその状況の理解
②4.2利害関係者のニーズ及び期待の理解

組織及びその状況の理解
まず1つ目の組織及びその状況の理解についてご説明します。

4.1 組織及びその状況の理解組織は,組織の目的及び戦略的な方向性に関連し,かつ,その品質マネジメントシステムの意図した結果を達成する組織の能力に影響を与える,外部及び内部の課題を明確にしなければならない。

組織は,これらの外部及び内部の課題に関する情報を監視し,レビューしなければならない。

簡単に説明すると、外部の課題(外的要因の課題、自分たちでコントロールできないもの)と内部の課題(内的要因の課題、自分たちでコントロールできるもの)を把握することが求められています。

テニス部で考えると以下のようなことが考えられます。

■外部の課題
・テニス人口の減少
・内部の課題
・コート整備のかかる費用の高騰
・近隣住民への配慮

■内部の課題
・入部者がいない
・教育者がいない
・練習場所がない

2つ目は利害関係者のニーズ及び期待の理解です。

4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解次の事項は,顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を満たした製品及びサービスを一貫して提供する組織の能力に影響又は潜在的影響を与えるため,組織は,これらを明確にしなければならない。

a) 品質マネジメントシステムに密接に関連する利害関係者
b) 品質マネジメントシステムに密接に関連するそれらの利害関係者の要求事項

組織は,これらの利害関係者及びその関連する要求事項に関する情報を監視し,レビューしなければならない。

簡単に説明すると、部活をしていく中で関わりのある人たちを特定し、その人たちが
部に対してなにを求めているかを把握することを求めています。

利害関係者
■部員
・きつくない練習
・充分練習できる環境

■学校
・試合に勝って実績を残すこと
・部費の削減
■顧問の先生
・怪我をしない
・テニスを通しての成長

■親
・怪我をしない
・満足するまでやる

■テニス協会
・テニス人口の増加

まとめ以上の2つを把握してから実際の運用計画などを立てていきます。
何事もまずは現状把握が大切です。

次回は現状を把握した上で、実際の運用計画を立てていきます。
お付き合い頂き、ありがとうございました。

ISO総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

\ 便利なWEBお問い合わせフォームはこちら /

WEBお問い合わせ

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ