• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

ISOコラム

  • ISO
  • ISO9001
  • ラグビーで考えるISO9001:2015の「6.1リスク及び機会への取組み」
月額4万円からのISO取得・更新代行サービス

ラグビーで考えるISO9001:2015の「6.1リスク及び機会への取組み」

いつもご愛読いただきありがとうございます。
ISO総合研究所のコンサルタント久米と申します。

今年は、本当に暖冬で過ごしやすい日々が続いておりますが、
皆様はどのようにお過ごしでしょうか?
私は、がっちり!?ぽっちゃり!?体形のためコートなしで過ごしています。(笑)

また、元ラガーマンとしては2019年ラグビーW杯で日本中が盛り上がり!!
その盛り上がりを継続して国内リーグ、世界最高峰リーグが開幕!!
ファンが増え、ラグビー熱が続いている事が本当にうれしいです♪

2020年は、東京オリンピックもあり(開催が微妙になってきていますが…)ますます、楽しみが控えております!!!!!!!!!!

ということで、今回はラグビー経験者が考えるISO9001:2015の「6.1リスク及び機会への取組み」についてお話したいと思います。

ラグビーで考えるISO9001:2015の「6.1リスク及び機会への取組み」

まず、規格要求事項では・・・

品質マネジメントシステムの計画を策定するとき,組織は,4.1 に規定する課題及び 4.2 に規定する要求事項を考慮し,次の事項のために取り組む必要があるリスク及び機会を決定しなければならない。

a)品質マネジメントシステムが,その意図した結果を達成できるという確信を与える。
b)望ましい影響を増大する。
c)望ましくない影響を防止又は低減する。
d)改善を達成する。

うーん!!いつも通りですが規格要求事項はわかりづらいですね。
私の経験を踏まえて解説していくと・・・

a)品質マネジメントシステムが,その意図した結果を達成できるという確信を与える。
⇒チームが優勝出来ると確信させること。
 
b)望ましい影響を増大する。
⇒チームを優勝させることが出来る要因を増やすこと。

c)望ましくない影響を防止又は低減する。
⇒チームの弱点を練習により少なくすること。

d)改善を達成する。
⇒チーム全体の課題を改善していくこと。

私の実体験に基づくと・・・

私が所属していた高校は、20年以上花園(全国大会)に出場していた古豪でしたがラグビー経験者は10名程でほとんどが素人でした。
なので、毎年30名以上の生徒を勧誘して多い時で110名いました。
いろんな個性を集めて個で勝つのではなく、総合力で勝つチームでした!!

a)品質マネジメントシステムが,その意図した結果を達成できるという確信を与える。

a)素人が多い高校でしたが、
毎年花園に出場していたので自然と優勝できる!!と思える環境(士気が高い)にいました。

※1年生の時から他校に負けない。負けられない。
優勝して花園で元旦を迎える!っていうところからのスタートだったので
自然とライバルは全国の強豪校になっていました。素人だったにも関わらず。(笑)

b)望ましい影響を増大する。

b)また、素人が多いので体格も他の強豪校に比べ劣っていたので(背が高い・体重がある等)
体格をカバーするため、メチャクチャ走りこむことに集中していました。

毎年、年3回合宿があったのですが、朝5時に起きて5時間走るだけの練習とかもありました。
これがメチャクチャつらくて早く終わらないか?といつも思っていました。
今思えば、素人+体格も恵まれていないチームで、ここぞ!!っていう時に、これだけ辛い練習をしてきたから頑張れる!勝てる!と思わせるための練習だったと理解してます。(笑)
当時は、監督とコーチに殺意を覚えましたけど。。。。。

c)望ましくない影響を防止又は低減する。

c)今では考えられませんが、『継続は力なり』が信条で、年間5日しか休みがありませんでしたし、
練習時間も毎日4時間~5時間おこなっていました。
テスト期間中も大雪が降った日も練習してました。
なのでチーム内のコミュニュケーションはメチャクチャよかったです。

一番嫌だったのが、元旦からランパスを3時間行ったことです。
※ランパスとは、5人1組で行う10mランニング&パスのことです。

d)改善を達成する。

d)体格が小さいこと、持久力があることで他の強豪校と対等に試合が出来るまで成長させる。
それに加えて、筋トレをすることで小さくても力がある選手を育てる。
高校ラグビーにもかかわらず。。。。
専属トレーナ2名、筋トレ後のプロテイン支給、筋トレルームまで完備していました!

※当時は、体重63キロでヒョロヒョロだった自分が
ベンチプレス120キロ上げていたので筋トレって継続したらすごい!!って思ってました。
今は、嫁すら持ち上げられないかもしれません。

最終的な私たちの代は、
県内:優勝 
選抜大会:ベスト8 
関東大会:準優勝 
花園:ベスト16でした!!

今思い起こすと、私たちの代は歴代最弱、結果を残せないチームと言われていました。

そんなチームを監督とコーチは、「リスク及び機会への取組み」に当てはめると、しっかりと弱点と強みを分析し、それに対して3年間かけてチームを強くし、結果を残せるチームしてくれました。
本当に感謝しかないです♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
意外と身近なこと、自分の体験で考えてみると、当てはめるものです!!!

それを今は、仕事に当てはめて考え、行動する。
御社でも、いきなり仕事で考えると・・・って人でも自分の好きなことや今までの経験で当てはめてみると、理解できるのでやってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ISO総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

\ 便利なWEBお問い合わせフォームはこちら /

WEBお問い合わせ

  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
関連記事

【ISO総研】
メールマガジン登録

ISO・Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ