• Pマーク
  • ISO
  • ISMS

動画で解説!ISO総研

  • ISO
  • 動画解説
  • 【緊急事態宣言の延長後】ISO審査機関の対応

【緊急事態宣言の延長後】ISO審査機関の対応

今回はISOの新規取得を検討中の方、または更新が迫っているという方に弊社のお客様がよく利用されている5つの審査機関の現在の審査の状況についてお話させていただきます。

ISO総研へのご相談は無料です!
自社の規模が分からない…という場合はお気軽にお問い合わせください!
らくらく1分お問い合わせフォーム

5つの審査期間

JQA

緊急事態宣言が発表されて以降、国内すべての審査を原則延期としていましたが、5月11日以降お客様からのご要望をふまえ、個別に調整をしながら、順次審査を再開していくということです。
WEB会議システムを使ったリモート審査は現在検討中です。

Intertec

審査の延期はしておらず、感染拡大に最大限配慮しながら、リモート審査などで実施していくということです。

JICQA


すべての審査を延期しているわけではないが、一部延期している案件もあるということです。
都道府県によって自粛内容や緊急事態宣言の期間が異なるため審査チームリーダーという役職の方から連絡が入り、審査実施の御意向を確認、相談するということです。
また、リモート審査の対応してくれるそうです。

ASR

5月の審査は延期せず、実施しているようです。リモート審査は新規取得でなければ、可能とのこと。
新規取得の場合、認定機関が認めていないので、どうしても訪問での審査になるんだそうです。

BSI

審査の延期は現状しておらず、リモート審査での対応も可能ということでした。
審査機関の現状については以上です。今、ISOの審査機関をどのように選んだらよいか迷う方もいらっしゃるかと思います。
ISO総研では、お客様のご状況に合わせた審査機関をご案内しております。お問い合わせお待ちしております。

ISO総研では、月額4万円ですべての作業を代行しております。
取得・更新に関わる費用についても無料でご相談いただけます。
お気軽にお問い合わせください!
らくらく1分お問い合わせフォーム
  • ムダチェックリスト無料プレゼント
  • お役立ちツール無料プレゼント
  

0120-068-268
無料相談はコチラ無料相談
資料請求はコチラ資料請求
お問い合わせはコチラお問い合わせ