もし高校野球部女子マネージャーがISO9001をやったら

-shared-img-thumb-ELLY853_honwoyomu15194531_TP_V
いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の竹嶋です。今回は私の師匠でエクセレント審査員でもあります。
松浦審査員にご教授いただいた「もし高校野球部女子マネージャーがISO9001をやったら」
についてお話しさせていただきます。
弊社の勉強会でも使わせていただいているネタですのでよろしければご参考にしてください。

もし高校野球部女子マネージャーがISO9001をやったら

(序章)

私は高校野球部の女子マネージャー。
今回ISO9001とかいうものを取り入れることになった。
ISO9001ってなんだろう。うちのお父さんの会社で、はやってるらしい。
よくわかんないけど、まあいいか、やってみよう。(経営者の責任:5章)

5.3 品質方針

監督にうちの野球部はどうありたいかを聞いて品質方針を作成した
「攻撃は最大の防御なり、我が野球部は積極的に点を取りに行く野球部をめざす。
また高校教育の一環として、以下のことを方針とする。
1. 野球を通じてチームワークの大切さを学ぶ。
2. 「練習は裏切らない」、自主的に自分に必要な努力を確実に行う。」

5.4 品質目標

今期の「品質目標」を作成するために、昨年一年を振り返った。すると試合の後半に逆転されて試合が目立ち
これを是正し、昨年より順位を少しでもあげることとした。
「品質目標: 県大会ベスト8進出(昨年はベスト16)。そのために試合後半での失点削減と、追加得点があげられるようにする。具体的には『練習計画』にて明確にする。」

5.5 責任・権限

各ポジション毎の役割を再確認をした。ここではメインの部分と特にサブの部分を確認した。
「ライトの役割」
メイン: ライトに飛んできた打球、1~2塁間を抜けてきた打球の捕球及び、進塁を阻止するための送球
サブ :ファースト及びセカンドのベースカバー5.6 マネジメントレビュー
年に1回、監督とみんなで1年の振り返り(インプット)と、今年やるべきこと(アウトプット)を確認する。
振り返りでは、昨年の大まかな状況と前年との比較、また前回やるべきと定めたことができたかどうか確認する。
これらを踏まえ、監督から決定や指示が出される。またこれらについて誰が、いつまでに何をやるかを決める。
この決め事は、毎月及び半期毎にどれくらいできたかを確認する。

6.2 力量・訓練

メンバー表を再確認した。すると1年間である部員はいろんなことができるようになったことがわかった。
たとえば、A君はショートの他にセカンドも守れるようになったことに気が付いた。
反面、ピッチャーは先発は十分だが、中継ぎ・抑えの人数が少なく、これが昨年のいくつかの負けにつながったことがわかった。それと重大なのは3年生が卒業するとキャッチャーが1人しかいなくなることに気付いた。
こうしたことを踏まえ今年の訓練計画(いつまでに抑え・中継ぎ、キャッチャーの養成)を作成した。
この計画に基づき練習を実施し、時には養成できたかを確認する(有効性の評価)。

6.3 インフラストラクチャー

練習グラウンドの確保、用具の過不足を確認。必要なものは購入を計画。
また大事な道具である、バット・グローブ・ボールの点検・メンテナンスを確認。
部室の大掃除をしたら、使いかけのボールがあちこちから出てきた。もったいない、もったいない。

7.1 製品実現の計画

各試合毎のメンバー表を確認。相手投手が右投げ・左投げ毎の先発メンバーを見直し。
試合が続く場合のピッチャーのローテーションも見直した。
ここでは新入部員及び各人の力量のアップ状況も加えて見直した。
またサインプレー、ゲッツー他のフォーメーションも再確認した。

7.3 設計・開発

新しい戦略を時々検討・開発する。「もしドラ」では「ノーボール、ノーバント」作戦を開発している。
私たちも負けずに検討。いつも試合で打たれるB高のC選手対策として、Cシフトを開発した。

7.4 購買プロセス

私たちは関係ないけど、プロ野球では助っ人外国人の評価なんかやるんだろうな。

7.5 製品及びサービス提供

練習及び試合にあたって、情報、手順、設備、確認、測定等が『管理された状態』であるか確認しよう。
あ~難しい。

7.6 監視機器・測定機器の管理

なんのこっちゃ?

8.2.2 内部監査

投手チームが野手チームの練習をチェック、今期投手チームは打たせて取る野球をしたいので、特に内野の
守備、ゲッツーの練習の強化を要請。逆に野手チームは投手チームに送りバントの練習の強化を要請した。
一部練習計画が未実施の事項については「不適合」の指摘がされた。

8.2.3 プロセスの監視・測定

内部監査以外でも、不具合により計画通りに進んでいない場合は、適宜修正や是正処置を行った。
そのためには適切な『監視・測定』も実施。試合ごとの得点率・防御率の確認。これに伴う練習メニューの
見直し。

8.3 不適合製品の管理

野手は試合でのエラー、得点チャンスでの凡打、投手では不用意な4球、得点圏内でヒットを打たれたケース
を確認。再発している場合は是正処置を発動。

8.4 データの分析

スコアラーにはスコアブックをつけるだけではなく。つけたデータの分析を依頼。
特に試合中では、適宜監督に傾向と特性の情報提供を依頼した。
ある試合でのこと。5回までほとんど打てない。原因は外角高めに手を出し、ことごとくファウルか凡打。
これを監督に報告。監督は「外角高めは捨てろ」と指示を出した。
またD投手は100球を過ぎると球威が落ちる。これを監督に報告しリリーフの用意をお願いした。
まさに近代野球は「データ野球」なのね。

8.5.2 是正処置

再発しているエラー、凡打には再発防止を発動。効果の確認も実施。

8.5.3 予防処置

練習試合の前には敵チームを視察。投手の得意球、バッターの弱点を見極め、予防処置を発動。
効果の確認も実施。

4.2.4 記録の管理

それぞれの活動で記録を作成。それに基づき確認。「記憶」から「記録」の管理へ。

(後日談)
いろいろやって、うまくいったりいかなかったり。でも以前より少しずつ良くなっている手ごたえを感じる。

(注:この物語は「フィクション」です)

ISO14001スリム化のビフォーアフター、昔からの脱却!

 

ISO取得するために…..

 

他社のマニュアルを参考に部分修正して認証取得したが、

マニュアル通りに運用できていない。

 

なので、マニュアル作成をコンサルタントまかせにしたところ。

その結果、出来たマニュアルは異業種の用語が入ったものでした。

書いてあることが分からない、やれないことまで書いてある、

おまけにかなり分厚い、規程がいっぱいに…

 

取得後何年もたつのに社内に全く浸透していない会社も…

 

ある会社では、工事から帰るたびに数十枚の記録を作成していた。

どう考えても普段の仕事からかけ離れていて、間違っているとしか思えません!!!

 

問題があるマニュアルでは、無駄や無理が生じてコスト(費用)高になります。

マニュアルが分厚いと、

 ●改訂するのに長い期間がかかる。

 ●改訂後のチェックに時間がかかる。

 ●読むのに時間がかかる。

 ●なにが書いてあるか分からない。

 ●誰も読もうとしない。

 ●社内に浸透しない。

 

分厚いマニュアルはマイナスを生じるだけで良いことは全くありません。

いますぐスリム化に取り組まれることをお薦めします。

 

マニュアルが業務実態にあっていない場合は、

実態に合うマニュアルに修正すればいいのです!

あくまでもISOは普段の仕事に当てはめていくのがベースです!

そうしないと審査前になって記録を作ったり、ハンコを確認したり

そんなことをサービス残業しながらやること…

 

そんなことを続けても何もプラス効果はありません。

ただの負担です。

 

スリム化を実行したいが……、

 ■修正する時間が取れない。

 ■どうやればよいか分からない。 

 ■何度もやってみたが、もう自分の手にはおえない。

 ■手間をかけられる人も時間もない。

こういう状況でも、スリム化はできます!

 

そこで弊社の3つの事例をご紹介します!

 

1.「環境側面」

 

【K建設様】

 

会社が仕事を進める上で環境に与える影響が何かを決めるものです。

 

例)重機の使うことで騒音が出たり、振動が起きたり。

 

上記のような事をどんどん出していき、

どの内容が最も会社にとって目立っているか(著しい)決める。

これに対してK建設さんは20数個の内容が上げられました。

そして、決めた最も目立つ内容も20個!!!!!

 

この結果はというと

1)対策を取るため、仕事の手順が増えた

2)対策を取るため、コストが増えた

3)普段、現場ではやっている事を二重で対策をとっていた

 

これは……

 

ISO継続のためには重すぎる!!!

 

そもそも、事業の継続という観点から見てもスリム化は急務でした。

 

まず何をやったか?

まず、現場の方にお話をお聞きしました。聞いていくとISOを取得する前から

普段やっていることがほとんど…..

 

「著しい環境側面とは、会社として最も注意して仕事を

 しなければならないこと決めることなのです」

 

とお伝えすると

 

実は3つだったんです!!!

 

これもスリム化の1つ、コスト削減にもなりました!

皆さんも一度見直してみては如何でしょうか!?

 

2.「順守評価」

 

【S工業様】

 

仕事をしていく上で関係する法律の把握とその法律に対して

出来ているかいないかを評価するもの

 

例)マニュフェストは適切に管理されているか(A票があるかなど)

 

見せて頂いた「順守評価表」は

1情報1枚でエクセルシートが30枚ありました。

これだけでは終わらず、関連する法律の文書が添付されマーカーされていました…..

 

ゾッとすること

1)法律の変更が出た場合、新しい法律文書を印刷して

 また、マーカーをする…..ゾッ

 

2)新業務が立ち上がったら、関連する法律を調べ

 文書を印刷して、マーカーをする…..ゾッ

 

3)毎年30枚と法律を見直す…..ゾッ

 

結果から申します!!!

 

管理はA3サイズ1枚で収まりました…..ホッ

 

考え方としてはシンプルなんです!

例)廃棄物処理法


上記の図のように記載していけば、順守評価の見直しになった際は

この管理シートだけを更新すれば良いんです!これで良いんです!

 

更新を楽にする方法をご提供させて頂きます!

 

3.「目的・目標」

 

【H商事様】

 

ISO14001では「目的・目標」を立てなさいと言われています。

 

環境に対しての目標。うーん…..

 

H商事様の目的・目標は

「経費の削減」

「電気の使用量を監視する」

 

紙、ゴミ、電気と言われていたISO14001では、よく見られるものです。

ダメというわけではないので、ひとますオッケー

 

さて次は目標に対しての行動です。

「電気の使用量を監視する」

実際の話をお聞きすると、データを毎月取っているとの事でした。

 

ん、イヤな予感が…..

 

使用量の分析をされていました。

弊社 :「これは何の役に立っているんですか?」

H商事様:「いや、親会社に言われているから?」

弊社  :「報告してるんですか?」

H商事様:「いいえ、してないです」

弊社 :「・・・・・」

弊社 :「これをまとめるのに何時間かかりますか?」

H商事様:「半日です」

 

結果は…

目標から消しました!!

 

まさにISOのための作業です。

データをまとめるのに「半日」

「半日」あったら、普段の仕事をやって残業しなければ電気代が減りますよね

 

これが「目的・目標」のスリム化です!

行動が無駄なことになっていませんか?是非もう一度ご検討を!