プライバシーマークの要求事項内の用語で「開示対象個人情報」というものがあります。
お客様とのお打合せでも開示対象の個人情報ってどういうもの?というご質問を頂くことが多々あります。

本記事では「開示対象の個人情報」について分かりやすく解説していきます。

開示対象の個人情報

プライバシーマーク要求事項のJIS Q 15001の中では、開示対象個人情報について下記のように記載されています。

“(前略)事業者が、本人から求められる開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の求めのすべてに応じることができることができる権限を有するもの(後略)”

つまり、事業者が取得し開示等の対応ができる権限があるものです。
例えば、下記のようなものになります。

・本人から直接取得した個人情報
・第三者提供により取得した個人情報
・公開情報から取得した個人情報

開示対象ではない個人情報

それでは、開示対象ではない個人情報はどういったものでしょうか。
例として、下記のようなものがあります。

・受託業務にて委託元より取得した個人情報

簡単ではありますが、開示対象個人情報についてのお話でした。
皆様が保有している個人情報が開示対象なのかそうでないのか、考えてみるのも面白いかもしれないですね。
プライバシーマークやISOについて気になることや分からないことがありましたら、弊社までお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

Pマーク総研では、月額4万円ですべての作業を代行しております。
まずは無料でご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください!
らくらく1分お問い合わせフォーム
Pocket

タグ   :

  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03