こたつとリスクマネジメントをPマークで考える!


こんにちは。
いつもご愛読いただきありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの上原です。

暖かくなったと思えば、また寒い日が戻ってきたりとまだまだ冬が続きますね。
私はコートなしでは外を歩けないほどの寒がりなので、こたつでずっとあったまっていたい季節です。

皆さんの家にはこたつはありますか?
私の家にはありませんが実家にあって毎年実家に帰るとこたつから出れなくなります。

さて、今回は『こたつとリスクマネジメント』についてお話させていただきます。

こたつは何とも言えない包容力と温かさで冷え切った体を温めてくれる反面、危険があることを皆さんは気づいていますでしょうか。

例えば、『家事をしたくなくなる』、『こたつの周りにごみがたまる』、『なまけものになる』などあげたらきりがないくらい人間をダメにする危険を秘めています。

今回はこたつヘビーユーザーの私と一緒にPマーク(プライバシーマーク)のリスクマネジメントと言う内容を温泉旅行と交えてお話させて頂きます。

リスクマネジメントとは
リスクマネジメントとは、リスク(危険)があることを回避又は最小限にとどめるためにマネジメント(管理)することをいいます。

Pマーク(プライバシーマーク)規格要求事項でもA.3.3.3に下記のように規定されています。

JIS Q 15001:2017A.3.3.3 リスクアセスメント及びリスク対策
組織は,A.3.3.1(個人情報の特定)によって特定した個人情報について,利用目的の達成に必要な範囲を超えた利用を行わないため,必要な対策を講じる手順を確立し,かつ,維持しなければならない。
組織は,A.3.3.1(個人情報の特定)によって特定した個人情報の取扱いについて,個人情報保護リスクを特定し,分析し,必要な対策を講じる手順を確立し,かつ,維持しなければならない。
組織は,現状で実施し得る対策を講じた上で,未対応部分を残留リスクとして把握し,管理しなければならない。
組織は,個人情報保護リスクの特定,分析及び講じた個人情報保護リスク対策を少なくとも年一回,適宜に見直さなければならない。

Pマーク(プライバシーマーク)を運用する上では、会社として取り扱いをしている個人情報を、漏洩(個人情報が外部に漏れてしまうこと)や滅失(個人情報がなくなってしまうこと)、毀損(個人情報が一部使えなくなってしまうこと、また、正確な状態でなくなってしまうこと)と言ったリスク(危険)について、対策を取りマネジメント(管理)することがリスクマネジメントにあたります。

では、Pマーク(プライバシーマーク)規格要求事項A.3.3.3の内容を踏まえて
実際にこたつにおけるリスク(危険)について考えてみましょう。

こたつにおけるリスク
・こたつから包容力に負けて家事をしたくなくなる。
・こたつから出たくなくこたつの周りにごみを放置してしまう。
・こたつの使用で電気代がかかる。
・こたつの長時間入っていると脱水症状がおこる。

などさまざまなものがあります。

たくさんのリスク(危険)が考えられる中でこたつライフを楽しむためには下記のようなリスク(危険)を最小限にとどめる対策や回避する方法があります。

・こたつから出たくなくこたつの周りにごみを放置してしまう。
→こたつの近くにごみ箱を設置する。ごみ箱の数を増やす。

・こたつの長時間入っていると脱水症状がおこる。
→みかんを食べる。こまめに水分を取る。

しかし『こたつから包容力に負けて家事をしたくなくなる。』『こたつの使用で電気代がかかる。』の2つはどうしても回避しきれない場合も出てきます。

こういった仕方ない起こりうるリスクを“残留リスク”としてまずは把握していきましょう。
認識はしているがどうしようも防ぎようがないリスクのことを指します。
Pマーク(プライバシーマーク)ではリスクに対する安全管理を下記のように規定しています。

以下JIS Q 15001:2017A.3.4.3.2 安全管理措置
組織は,その取り扱う個人情報の個人情報保護リスクに応じて,漏えい,滅失又はき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じなければならない。

今回のこたつについてあてはめて説明すると、「こたつ使用するときはこたつを使用する上で発生するリスクに応じて、ごみ箱の設置、みかんの準備等の安全管理のために必要、かつ適切な措置を講じなければならない。」と言った内容になります。

リスクに対して適切な安全管理を行うことで少しでも起こりそうなリスクを無くしていく努力をしなければならないと言ったことになります。

これらの事前準備や安全管理措置をしっかり考慮したうえでこたつを使用すれば、こたつライフを快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

今回はこたつに関連付けてPマーク(プライバシーマーク)のリスクマネジメントについてお話しましたが、リスクマネジメントは企業にとってとても大切なことだと感じています。

要求事項を読んだだけでは何をやっていいいかわからない場所は多くあると思います。
その際はぜひ、一度ISO総研までお気軽にご相談ください!

Pマーク総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。
無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

■ちょっと聞きたいことがあるんだけど…という方
お気軽メールお問合せフォーム

■とにかくうちの場合はどうすればいいの?という方
無料でコンサルタントが伺います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03

【Pマーク総研】メールマガジン登録

Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス