海外プロレスで考えるPマーク(プライバシーマーク)



いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の岩脇です。

年が明けて、毎年のように『もう1年過ぎるのが早いなあ』と呟いている人も多いのではないしょうか。

私にとって2019年は結婚1周年、子供が生まれるなど変化が多すぎて追いつくのに精一杯な1年でした!
最近の悩みは子供が女の子なのに髪の毛が薄く、ワンピースが似合わずに困っているということです。

そんな家庭事情はさておき、本日のテーマは「海外プロレスで考えるPマーク(プライバシーマーク)」です!!
※日本のプロレスでも良いのですが個人的に海外プロレスが好きなので海外プロレスにしています(笑)

まずはプロレスの説明からさせていただきます!

プロレスとは?
「プロレス」という単語自体は誰もが1度は聞いたことがあると思います。
「プロレス」とは「プロフェッショナル レスリング」の略で古くでは「西洋相撲」とも呼ばれていました。

勝敗も大事ですが、1番は観客に試合の攻防・技の掛け合いを「魅せる」ことを目的としたスポーツエンターテインメントです。
試合以外にも見どころは満載で、まるでドラマを見ているかのような感覚になるほどストーリー設定がしっかりしています。

それだけエンターテインメント要素が高いのが「プロレス」です。

A3.7.1 運用の確認
さて本題に入りますね。

今回ご説明するのはPマーク(プライバシーマーク)の「A3.7.1 運用の確認」についてです。
こちらをプロレスに置き換えて説明しようかと思います。

A3.7.1 運用の確認
まずこちらの規格要求事項は以下になります。

組織は,個人情報保護マネジメントシステムが適切に運用されていることが組織の各部門及び階層において定期的に,及び適宜に確認されるための手順を確立し,実施し,かつ,維持しなければならない。
各部門及び各階層の管理者は,定期的に,及び適宜にマネジメントシステムが適切に運用されているかを確認し,不適合が確認された場合は,その是正処置を行わなければならない。

個人情報保護管理者は,トップマネジメントによる個人情報保護マネジメントシステムの見直しに資するため,定期的に,及び適宜にトップマネジメントにその状況を報告しなければならない。

以上になります。

いかがでしょう。規格の言葉は固くて少し読みづらいですよね、、、(笑)

簡単に言うと「組織は、自分たちで定めたルール通りに従業員が出来てるかを定期的にチェックして、代表に報告しましょう。」というような内容になります。
ここで大事になるのが以下2つのポイントです!

①「定期的及び適宜に行わないといけない」
②「定めたルール通りに従業員が出来てるかをチェックし、報告をする」

1つずつ具体例を出しながら説明いたします!

①「定期的及び適宜に行わないといけない」

簡単に言うと、定期的な実施頻度を決めること。
また、レイアウトの変更・事務所の移転など社内でのセキュリティ面で変化が発生した際には追加で問題が無いかチェックしましょうということです!

次にこれをプロレスに例えると・・
定期的:週に1回必ず行われる興行
適宜に:月に1回のイベントや、地方公演など

実施頻度は組織によって定められます!
あまりにも間隔が空きすぎてもチェックの意味が無いので、長くても3か月程度が妥当だと思われます!

②「定めたルール通りに従業員が出来てるかをチェックし、報告をする」

次に、何をチェックするの?と思う方も多いかもしれません!

チェック項目は組織ごと・部門ごとに自由に変えれます!一般的なPマーク(プライバシーマーク)でのチェック項目では以下のようなものが挙げられます。

・シュレッダーは使用されているか?
・アクセス制限がされているか。
・来訪者の記録を取っているか。
・ウイルス対策ソフトは更新されているか などです!
これは全て自社で制定したルールの内容に則って作成する必要があります。

次に、これをプロレスに例えると以下のようなチェック項目になります!

・その日出場予定の選手がスケジュール通りに試合をしているか
・1日に定められた試合数が消化されているか
・選手が怪我をした際に備えて、医療班が準備されているか
・入場に使われる曲は、無断で使用していないか
このようになります!

また、このチェックの結果を成果物として代表に報告し、フィードバックをもらうとより良いPマーク(プライバシーマーク)の運用が実現できます!

まとめ
長々と説明してしまいましたが、この項番では以下2つのポイントが大事です!

①「定期的及び適宜に行わないといけない」
②「定めたルール通りに従業員が出来てるかをチェックする」

皆様も自社の実態に合ったチェックを行って、いつ審査が来ても良いように準備をしましょう!!

定期的なチェックをプロに任せたい!チェック項目が何にすれば良くて分からないから作ってほしい!という方!弊社では初回1回無料のコンサルを実施しております。

他社事例も数多くご用意させていただいております。
Pマーク(プライバシーマーク)に関することで、お困りのことがございましたら気軽にご相談ください。

Pマーク総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。
無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

■ちょっと聞きたいことがあるんだけど…という方
お気軽メールお問合せフォーム

■とにかくうちの場合はどうすればいいの?という方
無料でコンサルタントが伺います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03

【Pマーク総研】メールマガジン登録

Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス