Pマーク(プライバシマーク)審査機関を選ぶ上でのメリット・デメリット


_shared_img_thumb_PASONAZ160306440I9A2362_TP_V

ご愛読者の皆様、いつもありがとうございます。また、初めての方も、ありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの久米です。

今回は、『Pマーク(プライバシマーク)審査機関を選ぶ上でのメリット・デメリット』をお伝えしたいと思います。

日本国内にあるPマーク審査機関

弊社がお手伝いさせて頂いているお客様で特に、更新申請を予定のお客様から、「Pマーク(プライバシーマーク)の審査機関ってJIPDECだけじゃないの??」と言われることがあります。

現在、日本国内にはPマーク(プライバシーマーク)の審査を行える審査機関(指定審査機関)は19機関あります。
下記をご参考ください♪

・一般社団法人情報サービス産業協会[JISA] ・一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会[JMRA] ・公益社団法人全国学習塾協会[JJA] ・一般財団法人医療情報システム開発センター[MEDIS-DC] ・一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会[全互協] ・一般社団法人日本グラフィックサービス工業会[JaGra] ・一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会[JUAS] ・公益財団法人くまもと産業支援財団[KPJC] ・一般社団法人中部産業連盟[中産連] ・一般財団法人関西情報センター[KIIS] ・一般財団法人日本データ通信協会[JADAC] ・一般社団法人コンピュータソフトウェア協会[CSAJ] ・特定非営利活動法人みちのく情報セキュリティ推進機構[TPJC] ・一般社団法人日本印刷産業連合会[日印産連] ・一般財団法人放送セキュリティセンター[SARC] ・一般社団法人北海道IT推進協会[DPJC] ・特定非営利活動法人中四国マネジメントシステム推進機構[中四国MS機構] ・一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム[MCF] ・一般財団法人日本経済推進協会[JIPDEC]

JIPDECホームページ引用
http://privacymark.jp/agency/member_list.html

そもそもPマーク(プライバシーマーク)指定審査機関とは??

プライバシーマーク制度付与機関である、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(略称:JIPDEC)によって指定された民間事業者団体です。

ただ、お客様は、「東京はJIPDEC!!」「大阪はKIIS!!」と思いがちです。
これは、取引先から勧められたり、インターネットで独自に調べた結果、一番最初に見たり、聞いたりするのが上記の2機関であると考えられます。(有名ですからね)

実は地域を管轄している審査機関以外へ申請し、審査を受けてもらうことは可能ですし、更新のタイミングで審査機関を変えることもできます。
例えば、大阪のPマーク取得企業がJIPDECや九州の審査機関と言った地域を管轄する審査機関へ出すことは出来ませんが、東京にあるJIPDEC以外の審査機関で審査を受けてもらうことは可能です。

上記を行うことで、大きく2つのメリットが考えられます!!

①取得までの期間短縮

現地審査までの待ち時間ですが、やはり大元のJIPDECは登録している企業も多いので、申請を出してから実際に現地審査が行われるまで大体3~4ヶ月かかります。
その他の審査機関であれば大抵2.5~3ヶ月くらいです。年末年始等時期的には込み合っていることもあります。

短期で取得を目指したい方にとっては無駄な期間を過ごさざるえないことと防ぐこと可能です。

②自社に合った良い審査(審査員)

どの審査機関とは申しませんが、評判の悪い(クレームの多い)審査機関は存在します。

そういう審査機関に限って審査の指摘の際には「規格に準拠するため」[審査に受かるために必要だから」というような理由のみで指摘を出す審査機関(審査員)があります。
規格を中心に考えてしまうと審査に受かりやすいかもしれませんが、Pマーク(プライバシーマーク)のルールに縛られ業務効率が非常に損なわれてしまう可能性があります。

審査機関によっては業務の内容や会社の規模をきちんと正しい意味で考慮して審査をしてくれるところもあります。

これらのメリットがある中でデメリットがあるとしたら、それは……「お金」です!!

まず審査機関によっては審査料金と別に数万円の入会金と少しの年会費がかかる機関もあります。
もうひとつは交通費です。地域管轄以外の審査機関は東京にあります。東京都内関東圏の方であればあまり気になりませんが、大阪の場合だと東京・大阪間の新幹線代が往復2人分かかります。

ただ、上記3つのメリットのうち1つでも魅力を感じられる方がいれば審査機関を変えるメリットは十二分にあると思います。

最後に

長々とお話をさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか??
なんとなくでもわかって頂けましたでしょうか??

まだ、よくわからない!!わかったけど本当はどうなの??と思った方は、1度、弊社のお話しを聞いていただきご検討いただければ幸いです。

・これからPマーク(プライバシーマーク)取得を検討している。
・Pマーク(プライバシーマーク)を取得したけど、運用がうまくいかない。
・Pマーク(プライバシーマーク)を取得したけど、今後どうしたらいいのかがわからない。
・Pマーク(プライバシーマーク)の審査機関変えたいのだけど、どうしよう??

などなど、一人で、自社だけでどうすればいいのかお考えでしたら弊社は、現在、1,450社様以上のサポートをさせて頂いております。
豊富な実績で精一杯サポートさせていただきます。


  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03

【Pマーク総研】メールマガジン登録

Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス