マイナンバー制度について


いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所の高橋でございます。

マイナンバー法の改訂に伴い「全国社会保険労務士会連合会」が動いており、
SRPという社会保険労務士専用の個人情報保護マークがPマークに近づいてくるという事です。

そのため社労士さんなども今後は個人情報の取扱いを重視されるようで、お取引先の信頼付けの為に
取得しなければならないと思っているようです。
社労士さんの今後は
2015年10月から個人番号・法人番号の通知、2016年1月から順次、社会保障、税、災害対策分野で
利用開始になる前と2017年のSRPの改訂前の2015年10月→2017年1月にPマーク新規かISMS新規をとる
社労士法人が増えるようです。

マイナンバー(社会保障・税番号)制度の導入スケジュールは、現在のところ、平成27年10月から
個人番号・法人番号の通知、平成28年1月から順次、社会保障、税、災害対策分野で利用開始することが
予定されています。

マイナンバーが漏えいすると、一般的な個人情報とは比較にならないほどの
影響を個人に与える可能性があると考えられます。
マイナンバーを預かる側としては、預ける人達から情報セキュリティ管理が
できていると認識してもらえなければなりません。
そのためPマークの取得をおススメいたします。

現在、Pマーク・ISO9001・ISO14001・ISO27001の新規取得や運用でお悩みでしたら
是非とも一度弊社までお問い合わせください。
弊社コンサルタントが一度直接お話をお伺いにご訪問させて頂きます。


簡単・即時発行!見積書ダウンロード

メールアドレス