個人情報の委託と提供ってどう違うの?


本日のテーマはPマーク(プライバシーマーク)の新規構築で
お客様から頂いた質問です。

Pマーク(プライバシーマーク)において、委託と提供は名前だけだと
非常に区別のつきにくいと思います。
一緒のイメージをしているお客様も多いですが、実は取扱いの側面で
全く意味合いは違います。

Pマーク(プライバシーマーク)制度では、
意味合いも違いますが、個人情報の扱う手順も変わってきます。

Pマーク(プライバシーマーク)において、委託とは、預かっている個人情報の全部または一部を扱う業務の一部を別会社に依頼することです。
Pマーク(プライバシーマーク)において、提供(第三者提供)とは、預かっている個人情報を全部または一部を別会社に渡すことです。

そして、Pマーク(プライバシーマーク)の要求事項でも、この2つは別々の項番に定められています。

具体的に、委託と提供には、どういった例があるのでしょう。
■委託
・名刺作成
・社労士への労務管理
・データセンター
・税理士への給与計算

■提供
・人材紹介会社から求職者を渡す
・健康保険組合に従業員情報を渡す
などです。

会社でお預かりしている個人情報が委託か提供か判断がつかない場合は、専門家に相談し、
理解してから取り扱いましょう。


簡単・即時発行!見積書ダウンロード

メールアドレス