企業はどんな業務が影響を受けるのか?

民間の一般事業者においては、従業員(給与所得の源泉徴収票、健康保険・雇用保険・年金関連書類等)のほかに、配当支払い先の株主、依頼先の弁護士、税理士、社会保険労務士、
賃貸不動産の賃貸人等の個人番号(マイナンバー)を取得し、
税務署に提出する法定調書等に記載することとなります。

マイナンバー法により影響を受けるであろう人事・給与業務や支払業務については、
前回の記事でも触れましたが、上記と合わせて、企業はこれらの業務を扱っていることから、
マイナンバー制度についての準備が必要になってきます。

社労士様限定毎月10名様 マイナンバー対応Pマーク新規認証無料個別相談会 コンサルタントがPマーク取得についてご説明いたします!