個人カードって何?

個人番号カードとは、ICチップのついたカードを予定しており、
表面に氏名、住所、生年月日、性別、顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)を記載する予定になっています。

本人確認のための身分証明書として使用できるほか、
図書館カードや印鑑登録証など自治体等が条例で定めるサービスに利用でき、またe-Tax等の電子申請等が行える電子証明書も標準搭載されます。

一方、書留でお手元に届く通知カードは、紙製のカードを予定しており、
券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーは記載されますが、顔写真は記載されません。
なので、通知カード単体では本人確認はできず、身分証明には、運転免許証等の提示が必要となります。

ちなみにこの個人番号カードは、申請制で任意です。強制ではありません。
ですが政府としては、国民生活の利便性の向上に資するものと期待しており、できるだけ多くの国民の皆様に取得していただきたいと考えているようです。

社労士様限定毎月10名様 マイナンバー対応Pマーク新規認証無料個別相談会 コンサルタントがPマーク取得についてご説明いたします!