【Pマーク】通信の暗号化って、どうするの?


いつもご覧いただきありがとうございます。
ISO総合研究所の中本でございます。

皆様、通信の暗号化っていうと、何をイメージされますか?
普段WEBサイトをご覧になる際、あまり気にした事はないと思います。

最近多いネットショッピングを使用する際、名前・住所・クレジット情報等、
入力を求められることがあります。この時、安全に情報が管理されているのかな
と不安になる事がありますよね。そのような時にプライバシーマーク取得している企業には
SSLの暗号化対策を求められています。

では、SSLとは何か?
SSLとは、ウェブサイトで入力する個人情報やクレジットカード情報などを暗号化し、
安全に送受信する技術で、サイト利用者の大切な情報を盗み見から守る事ができます。

プライバシーマーク取得企業には、情報を暗号化するSSLの機能に加えウェブサイトを運営する会社の
身元を確認できる機能を備えたSSLサーバ証明書の発行を推奨しています。
SSLで情報を暗号化しても、情報の送り先が「偽物のウェブサイト」では大変ですよね。
SSLサーバ証明書を発行すれば、適切な場所に情報を送れているという証明にもなるのです。

プライバシーマークを今後取得する企業は、自社ホームページにあるお問い合わせフォームやアンケート等
のページにSSL対策、SSLサーバ証明の発行をする必要がございます。
プライバシーマークを取得しない企業もユーザへの安心・信頼には欠かせないものになってきます。
実際、ユーザに安心感を与えて利用を促進し、新規購入率・資料請求のアップがあったという企業も
あったという事を聞くことがあります。

プライバシーマーク等のセキュリティ用途だけではなく売り上げに貢献する攻めのツールとしても
使用できるかもしれませんね。


簡単・即時発行!見積書ダウンロード

メールアドレス