過去に発生した個人情報に関する事故について


皆さんの会社は個人情報に関する事故を起こしたことって
あるでしょうか?

初対面でいきなり事故起こしてますか?って聞かれて
起こしてます!って不景気なにそれ?ばりに答えてくださる
企業様はそんなに多くないと思います。
私自身も、そんなきわどい質問の仕方自体できません。

ですが、プライバシーマーク(Pマーク)を取得している企業様はもちろん、
プライバシーマーク(Pマーク)を持たれていない企業様でも、
個人情報に関する事故は気にされることかと思います。

仮に起こったことを想定して、企業によって事故に対する対応は
異なります。
あまり歓迎はしませんが、事故を起こしてしまったということで
相談を受けるケースは、
少なくありません。

もちろん規模感は違いますが、事故には違いありません。

その際によくあるお問い合わせに、事故が起こるとプライバシーマーク(Pマーク)は
維持できないのか?というものが多くあります。

印象としては、事故を起こすとプライバシーマーク(Pマーク)を剥奪されて
しまうと考える方も多いようですが、実はそんなことは決してありません。
原則としてきちんと報告をしていればプライバシーマーク(Pマーク)の
維持に関しては問題ないんです。

でも何もしないというのはいけません。
もちろん審査があった際でもよく見られる事にはなりますが、
事故が起こった原因追求と是正処置はしなければなりません。
きちんとリスク分析をしましょうといったことと同じかもしれません。

いずれにしても、事故が起こった以上、それに対する説明やその後の対応に
関しては審査での重点ポイントになります。
ですが決してプライバシーマーク(Pマーク)の審査に落ちるという
わけではありません。
その辺り、認識をきちんと持たれることが重要です。


簡単・即時発行!見積書ダウンロード

メールアドレス