Pマーク(プライバシーマーク)運用の時、軽くまあまあ安定であるミス:~ちょっと軽く真面目なギャル編~


いつもご愛読ありがとうございます。ISO総合研究所コンサルタントの松本です。

 

今回のブログはPマーク(プライバシーマーク)取得時ではなく、運用でのミスについて書いていこうと思います。

みなさん、是非お付き合いください。

 

ISO総研コンサルタント:コンサル

ちょっと軽く真面目ギャル担当者:ギャル

 

さて、今回は契約いただいたお客様先へ初めての訪問。

 

コンサル「お世話になっております。ISO総合研究所の松本です。」

 

ギャル「お世話になってまーす。」

 

コンサル「ご契約いただきましてありがとうございます。」

 

ギャル「こちらこそよろしくお願いします。」

 

コンサル「ところで、ISO総合研究所を選んでいただいたきっかけってなんなんですか?」

 

ギャル「マジで、まあまあだいぶ大変で、結構しんどいんですよね。(笑)

    だからISO総合研究所さんにお願いしようと思って。」

 

コンサル「なるほど。ありがとうございます。まあ確かに本業との兼務は大変ですもんね。」

 

ギャル「そうなんですよー!まあ、最初は自社で運用してたんですよねー。

Pマーク(プライバシーマーク)を取得して、審査も2回受けて更新してるんで、Pマーク(プライバシーマーク)のことは軽くちょっとだけわかるんですけどー。」

 

コンサル「左様でございますか。じゃあ、運用の流れなどはご存知なんですね。」

 

ギャル「まあ、軽くね。ただねー。忙しくてなかなか運用に期間も時間かけられなくなってきちゃって。」

 

   「最初はできてたんですけど、やることが多すぎて今、全くできてないんです。」

 

コンサル「やることが多いって言うのはどれくらいなんですか?」

 

ギャル「まあまあ多いですよー。審査の時に審査員に色々指摘されるじゃないですか。

    それで、その通りにしてるんですけど、規程とかいっぱい作っちゃってー。

 

運用記録を見せてもらうと、どっさり書類が、、、

 

コンサル「すごい量ですね。」

 

ギャル「でしょー?!」

   「でも、審査員の言うことは聞かないといけないでしょー。(真面目w)」

 

コンサル「確かにそうですけど、自社で運用できないことまで規程にしてますね。」

 

ギャル「つい細かく規程を作っちゃうんですよー!(真面目w)

最初はやるんですけどーだんだん続かなくて。つらたん」

   「仕事終わりにネイルとか美容院とか行きたいのに忙しくて

行けないんですよねー。(さすがギャルw)」

 

コンサル「続けることって大変ですもんねー。」

 「じゃあ、明日Pマーク(プライバシーマーク)を辞めたとしたら、これの規程っていりますか?」

ギャル「んー。まあこれとこれはいるかなー。社内で使ってるやつやし。」

コンサル「なるほど。ではそれ以外の規程はいらないですよね?」

ギャル「まあ、そう言われるといらないかも。」

コンサル「じゃあいらないものは、なくしましょう!」

ギャル「えっ!そんなことしたら審査に落ちちゃいますよ。」

コンサル「なくす。というより整理整頓をするイメージです。」

ギャル「あーね。」

コンサル「整理整頓をして、なるべく規程通りに運用していけるような規程を作りましょう。」

ギャル「おっけいで~す。」

コンサル「そうすると、ちょっとまあまあだいぶ軽い規程になるので。」

ギャル「おお~!!そうしましょ!スリムにしちゃってください!」

コンサル「ただ、スリムになった規程で審査を受けて、これでいいのか。そのチェックを審査員にしてもらいましょう。」

ギャル「はーい!」

コンサル「審査員にチェックしてもらって、必要なことだけ規程に足していきます。

     そうすれば、より精度の高い規程が完成していくと思いませんか?」

ギャル「確かに~。」

コンサル「では、早速スリムにしてきますね。」

ギャル「お願いします~。ほんま、今までムダなことしてきてたんですね。

    シンプルイズベストってやつですね(笑)」

コンサル「そうですね(笑)ムダなことに気づける機会になって良かったです。」

ギャル「ですね~。」

コンサル「あっ。ムダと言えばなんですが、弊社代表の山口が『会社はムダが9割』って本出しているのでよかったら読んでください。」

ギャル「そうなんですね!読んでみます。ありがとうございます。」

コンサル「では、今回の打ち合わせはこれで終わりです。

     ありがとうございました。」

ギャル「ありがとうございました。次回もよろしくでーす!」

≪まとめ≫

今回の訪問内容は、自社で運用していたがPマーク(プライバシーマーク)を更新するごとに

規程ややることが増えていき、自社で運用できなくなってしまったパターンでした。

しかも、ちょっと軽く真面目なギャル担当者はどんどん審査員に指摘されたことや、

やらなくてもいいことまで規程に反映してしまったので膨大な量になってしまったのです。

できるだけスリムにして運用していけるようにおすすめさせていただいております。

 

みなさん、どうでしたか?

こんな経験していませんか?今まさに、このブログの通りになっている方はいませんか?

そんな時はISO総合研究所に是非問い合わせてみてください!

全力でお手伝いさせていただきます!

ちなみに、「ちょっと軽く~え、マジっすか!」とか言ってたらごめんなさい(笑)

てへぺろりん♡」


簡単・即時発行!見積書ダウンロード

メールアドレス