プライバシーマークのよくあるご質問

契約・費用について

  • Q

    契約期間は最低1年になりますか?最低導入期間はありますか?

    A

    はい。
    基本的に年間でのご契約をお願いしており、契約期間は最低1年となります。

  • Q

    初期費用や追加費用はかからないの?

    A

    初期費用・追加費用はかかりません。(※1)
    Pマーク総研のコンサルティングサービスは、1規格あたり月額4万円(税抜)の定額制です。
    これは文書作成・改訂、教育の実施、内部監査の実施、マネジメントレビューの実施、各種記録類の作成等、プライバシーマークの取得や運用の際に必要なすべての作業代行費を含めた金額です。
    多くのお客様に長く(※2)ご愛顧いただく中で、弊社内の管理をシンプルにしてムダな工数を削減することで比較的安価なサービスを実現しております。
    (※1)地域別に特定交通費はいただいております。ご了承ください。
    (※2)3年以上のご契約継続率94%

  • Q

    新規取得後、運用段階になってからもサポートをお願いする場合、料金は変わりませんか?

    A

    はい、変わりません。
    新規取得サポートも運用サポートも料金は変わらず年間48万円(月額4万円)でサポートさせていただいております。 1年分を一括でお支払いするようお願いしておりますが、月割りすると月額4万円となります。
    「コンサルティング費用について」のページにも記載がございます。

  • Q

    支払いは分割でできますか?

    A

    申し訳ございませんが、分割払いは承っておりません。
    お支払いは1年分のご料金をご一括支払いでお願いしております。

  • Q

    打ち合わせ回数は何回ですか?

    A

    新規の1年目は、認証するまで無制限でご訪問します。
    短期取得を目指しておられる場合は、集中したお手伝いにも対応可能です。また、⾯倒で⼿間がかかる認証後の運用は、2ヶ月に1回の頻度でご訪問し、計画通りにお手伝いいたします。

  • Q

    電話やチャット、メールにも対応してもらえますか?

    A

    はい、電話・チャット・メールへの対応も可能です。
    ご訪問しない月でも、電話・チャット・メールでのご相談は無制限で対応させていただきます。ただしお電話いただいてもコンサルご訪問中の場合がありますので、チャット・メールの方が確実です。当社には、総勢80名のコンサルタントが在籍しているので、担当と連絡がつかない場合でも、簡単なご質問やご相談ならお応えすることができます。不明なことがありましたら、ご遠慮なく会社にご連絡ください。

期間・スケジュールについて

         
  • Q

    Pマーク取得までの流れ・プロセスを知りたいです。

    A

    はい。
    取得までの流れについてはこちらの記事でご確認ください。
    また、取得までにお客様に実施していただくことは、プライバシーマーク新規取得についてのページの「Pマーク取得までの流れ」に詳しく記載がございます。

  •         
  • Q

    Pマークを6か月で認証取得することは可能ですか?

    A

    はい。可能です。
    ただ、審査機関の対応の早さで多少前後するスケジュールもございますので、確約はできかねます。
    よろしければこちらの記事もご覧ください: プライバシーマーク(Pマーク)を最短、短期で取得する方法!事例つき

  •                    
  • Q

    Pマークを関連会社・グループ会社の複数の会社で同時に認証取得することはできますか?

    A

    はい。もちろん可能です。
    ただ、Pマークの認証取得は法人単位となりますので、弊社の取得・運用サポートについても法人単位でのご契約をお願いしております。

  •         
  • Q

    複数の規格(多規格)を同時に認証することはできますか?

    A

    はい。もちろん可能です。
    弊社ではPマーク・ISO9001(品質)・ISO14001(環境)・ISO27001(情報セキュリティ)をメインに認証取得のサポートをさせていただいております。Pマーク・ISO両方の知識があるコンサルタントが対応いたします。
    「複数規格の取得をご検討の方へ」のページに詳細がございます。よろしければご覧ください。

  •        
  • Q

    プライバシーマークを認証取得できたら、その後は何かやることはありますか?

    A

    はい。あります。
    プライバシーマークには2年という有効期間があるので、維持するためには2年ごとに審査を受けて更新していく必要がございます。更新の審査で必要なことはこちらの記事で詳しく解説しております: プライバシーマーク(Pマーク)更新審査で必要なこと

サービス内容について

         
  • Q

    こちらでしなければならないことは何かありますか?

    A

    原則、以下の3点だけお願いをしており、後は当社のコンサルタントが御社のメンバーの一員として作業や管理を全て行います。
    日常のお仕事・・・規格要求ではなく、お客様の要求や会社がやりたいと決めている活動。
    審査機関との窓口・・・審査を受けていただく場合の窓口。
    社内日程調整・・・内部監査や教育等、お時間をいただく際の調整役。

  •                     
  • Q

    どんなコンサルタントが担当になるのでしょうか?

    A

    教育を受け、すでに何十社とお客様をサポートしているコンサルタントが担当になります。 コンサル選定時に貴社の業界・サポート内容に適したコンサルタントを選定させていただきます。

  •                     
  • Q

    当社と同じ業界の会社をサポートした経験のあるコンサルタントだと嬉しいのですが…。

    A

    はい。
    現在2,600社以上のお客様がおり、多種多様な業界のお客様をお手伝いしております。 コンサルタントを選定する際に、貴社と同業界のサポート経験のある者で考慮させていただきます。(ただし、確約はできかねます。)

  •                   
  • Q

    担当のコンサルタントを指名することはできますか?

    A

    大変恐れ入りますが、コンサルタントの指名は承っておりません。

  •                 
  • Q

    担当のコンサルタントは変わることがありますか?

    A

    はい、担当は変わる場合がございます。
    しかし毎回別の担当がお邪魔するようなことはありません。当社は、安価でサービスを提供するために、1⽇に3社ご訪問できるよう効率を考えてスケジュールを調整している都合上、担当が変わる場合があります。
    しかし、引継ぎが常に行われて誰でも対応できる仕組みは万全です!責任者とサブ担当者の3~4人のチーム体制で御社をサポートし、「引継ぎチェックシート」やサイボウズを使っての情報共有システムを用意してお客様ケア体制を整えております。

  •                  
  • Q

    コンサルタントにプライバシーマーク審査に立ち会ってもらうことはできるのでしょうか?

    A

    申し訳ございませんが、審査の立ち会いはできません。 Pマーク付与機関(JIPDEC)により、コンサルタントがPマーク審査に立ち会うことは禁止されております。 「審査に立ち会います」と謳っているコンサルティング会社にはご注意ください。最悪の場合、プライバシーマークが取得できなくなってしまいます。 審査立ち合い違反についての記事でも詳しく説明しておりますのでよろしければご覧ください。

  •                    
  • Q

    プライバシーマークの審査立ち会いをしているという話を聞いたのですが、本当ですか?

    A

    いいえ。プライバシーマーク審査の立ち会いはしておりません。
    プライバシーマークでなくISOの場合、審査機関によって立ち会いができるので、立ち会いをさせていただくケースもございます。 こちらの記事でも詳しく説明しておりますのでよろしければご覧ください: プライバシーマーク(Pマーク)審査立会違反について│大切なお願い

  •                    
  • Q

    担当者が退職し、しばらく業務に着手していない空白期間があります。 次回更新の審査があるのですが、それまでに書類の見直しをしてもらえますか?

    A

    はい。審査直前などどのタイミングからでもサポート開始できます。書類の見直しもさせていただきます。

その他のご質問

  • Q

    プライバシーマークとISMS(ISO27001)、どちらも情報の保護に関する規格で似ているので違いが分かりません。 当社の場合どちらを認証取得したらよいですか?

    A

    プライバシーマークとISMS(ISO27001)では、規格そのもの・審査・取得されている業界や市場に違いがございます。 こちらの記事で詳しく解説しておりますのでよろしければご覧ください:
    プライバシーマーク(Pマーク)とISMSの違いを徹底比較!結局どっちが良いの?

  •                     
  • Q

    シェアオフィス/レンタルオフィスでプライバシーマークを取得することはできますか?

    A

    はい。可能です。
    引っ越しをすすめるコンサルティング会社もいますが、レンタルオフィスでPマークを取得することができます。 現在お手伝いをさせていただいているお客様にもシェアオフィスでPマークを取得していらっしゃる企業様が何社もいらっしゃいます。 こちらの記事でも詳しく解説しておりますのでよろしければご覧ください。
    シェアードオフィス(シェアオフィス)でもPマークは取得できるのか?

  •                     
  • Q

    新規取得時の初めての審査が一番大変で、2回目以降の審査は易しいと考えていいですか?

    A

    いいえ。そのようなことはありません。 弊社としては、「2回目の審査が一番厳しく審査される」と考えております。 最初の審査は、「登録するための審査」です。登録してもらわないことには話が始まらないので、ある程度の状態でも登録にもっていきます。 しかし、2回目からはそうはいきません。審査機関としても、登録してもらったからには、審査機関の名前のもと、下手なことをされても困るので、登録に値するかしっかり見ていくということになります。 2回目の審査はその「登録に値するかどうかを最初にみる審査」です。私共の経験上では一番厳しい審査と言えます。 そこで、弊社サービスでも2回目の審査を重視してサポートしております。

  • Q

    全てお任せすると逆に従業員の意識が下がるのでは?

    A

    そのご心配は無用です。
    当社のサービスは、事務局の方をサポートするサービスですが、業務を丸投げされる類のものではありません。御社のメンバーが行う作業を当社の担当者が行っているだけです。情報や活動結果を共有し計画通り活動を進めることで、ご担当者様が審査用の活動から解放されやりたい活動に取り組めるようになります。