Pマーク(プライバシーマーク)の基礎知識

Pマーク(プライバシーマーク)の基礎知識


現在もプライバシーマークを取得する企業は増え続けています。
しかし、なぜみんなプライバシーマークを取得するのでしょうか?

プライバシーマークは「個人情報を適切に取り扱っている」と第三者より認めてもらっている資格です。

つまり、対外的にアピールできるマークになるんです。
それでは、誰に対してアピールしたいのでしょうか?

ここは、もう明確ですね。
お客様、これからお客様になりうる方、ライバル会社等です。

私たちがプライバシーマークの取得を手伝っていて、一番に上がってくる声は、お取引先からの要求です。

・取引先から取得してほしいと言われた
・入札の条件になっている
・過去、プライバシーマークを持っていなくて仕事を逃したことがある

こういった内容です。

それでは、プライバシーマークを取るとどのようなメリットがあるのでしょう?
またデメリットはあるのでしょうか?

■メリット
・お客様へアピールが出来る
・取引先から質問された際にすぐに回答が出来る
・取引上の障壁を1つクリアできる
・取引先からのアンケートを記入する際、「プライバシーマークを取得している」の項目をチェックすれば他に答えなくてよい

■デメリット
・審査・コンサルなどの費用がかかる
・会社で必要のないルールなのに、プライバシーマークで必要なので実施する必要がある
・取引先からのアンケートで全項目に答えなければならない

こういった項目です。
実際、御社ではプライバシーマークを使って何をしたいですか?
取得の目標、取得後の目標も是非考えてみてください。

→(1)プライバシーマークを取得するときめたらまずやることは?
→(2)『プライバシーマーク新規取得』の具体的サポート内容
→(3)プライバシーマークの取得費用は?
→(4)プライバシーマーク コンサルタントの選び方・見分け方
→(5)プライバシーマークをとるメリット・デメリットは?