Pマーク(プライバシーマーク)の基礎知識

Pマーク(プライバシーマーク)の基礎知識


・残存リスク
何らかの理由により社内で対策を講じることができないものの、認識している危険性のことです。

・事業者の代表者による見直し
個人情報保護マネジメントシステムの運用状況を報告し、それに対する代表者の指示を決めるものです。

・従業者の監督
個人情報の大半を取り扱うのは従業者。であれば、その従業者に適切な教育を施すことはもちろん、事前に必要な管理策を講じたり、日常的に監督したりする必要がある。

・是正処置
起こってしまった適切でない状況に対して、再発しないように仕組みを見直すこと。