Pマーク(プライバシーマーク)の基礎知識

Pマーク(プライバシーマーク)の基礎知識


プライバシーマークでは有効期限の8~4ヶ月前がプライバシーマーク申請書類の提出期間と決められています。

例えば、プライバシーマークの有効期限が2014年12月15日の場合、プライバシーマークの書類提出期間は、2014年4月15日~2014年8月15日となります。

今日が2014年8月1日だとすると、プライバシーマークの書類提出期限まで、2週間しかないことになります。

企業様によっては、4ヶ月前のプライバシーマーク申請書類提出期限が近づいてきて、2年間何もやってないと提出期限間近になってプライバシーマークの書類作成を始めるようです。

また、このプライバシーマークの書類を作る方というのが本業があり、片手間にやっていることがほとんどで専任でやっている方というのはごくわずかです。

そのためプライバシーマークの書類申請が近づいてから、本業のあとに残業をしたり、土曜日・日曜日などに休日出勤をしてプライバシーマークの書類作成を行っています。

個人情報の台帳、法令一覧、リスク分析、委託先評価のそれぞれの更新。

プライバシーマーク内部監査、プライバシーマーク教育、代表者による見直しの実施。

ひどい場合にはこれらを2年分まったくやっておらず、プライバシーマーク申請書類作成時に記録だけ作成するため、残業・休日出勤をしないと終わらないようです。

プライバシーマーク申請期限前に休日出勤
プライバシーマークの個人情報の特定で300個
プライバシーマークのリスク分析だけで3つの帳票、合計150枚!
プライバシーマーク審査中の審査員の口頭指摘を全部対応
プライバシーマークの規程だけで16冊
プライバシーマークの委託先評価を毎年400枚作成
プライバシーマークの内部監査を丸1ヶ月かけて実施!


→(1)『Pマーク運用代行』の具体的サポート内容
→(2)プライバシーマークやりすぎてませんか?
→(3)プライバシーマークの申請期限について