緊急事態宣言における情報セキュリティについて~テレワーク編~

今回は緊急事態における情報セキュリティについてテレワーク編ということでテレワークに関する情報セキュリティについてお話させていただきます。

Pマーク総研は月額4万円で面倒な書類作成もすべて代行!
まずは無料でご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください!
らくらく1分お問い合わせフォーム

はじめに

緊急事態宣言を受けて急遽テレワークを導入された企業も多いかと思います。
そのような中で、テレワークってそもそも安全なの?社外にPCを持ち出していいの?
うちはISOやPマークを持ってるからテレワークはできないな、そのようにお考えの企業も多いかと思います。
しかし、きちんとルールを設定して守っていけば情報セキュリティも維持されるような形になっています。
そこで、今すぐできるセキュリティ対策として3つのポイントをお伝えしたいと思います。

セキュリティ対策①


まずは、アクセスの管理、制限についてです。
第三者による不正アクセスや攻撃を防ぐために、システム及びアプリケーションへのアクセスの本人認証、端末認証、暗号の設定を行いましょう。
自宅に持ち帰ったパソコンや会社から貸与している携帯電話などの端末管理がポイントとなってきます。
社内で現在ルールは決まっていますか?きちんとルールを決めて管理を行いましょう。

セキュリティ対策②

セキュリティ対策
2点目は運用のセキュリティです。
PCやサーバーなど情報を直接扱っている機器へのセキュリティ対策を行う必要があります。
ウイルスや不正アクセスの手口は、日々多様化しているため常に新しい脅威に備えたセキュリティ対策を心がけて置きましょう。
ウイルスソフトを導入している方は、ぜひ定期的なウイルスチックも行えるよう設定が行われているか確認をしてください。

セキュリティ対策③


3点目はネットワークのセキュリティです。
ネットワークを通じてやり取りされる情報、およびネットワークを支える機器・設備を安全に使い続けるため、
ウイルス感染や不正アクセスがされにくいネットワークを用意したり、サーバー証明書を取得しましょう。
聞く限り、カフェなどで無料で配られているWi-Fiは使わず、自分のWi-Fiからネットワーク環境にアクセスするようにしていきましょう。
安全に快適にテレワークを行うために社内のルールを見直すことが必要です。
先ほど申したように、具体的な例としてパソコンにパスワード設定を行う
例えば家族であっても同じパソコンは触らないように設定する、
オンラインで社外の人と打ち合わせをする際は機密情報がもれないように注意をする。
気分転換にカフェなど野外でPCを行う際は無料のWi-Fiは使わない。
このような当たり前のことを改めて意識する良い機会と捉えて社内でルール化をしていきましょう。

以上になります。ありがとうございました。

Pマーク総研では、月額4万円ですべての作業を代行しております。
まずは無料でご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください!
らくらく1分お問い合わせフォーム
Pocket