Pマークで海外旅行のリスクに備えよう!


いつもご愛読ありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの佐々井です。

世間ではコロナウイルスが騒がれていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
体調などは崩されていませんか??

私事ですが、最近韓国に旅行に行ってきました!
今後旅行に行かれる予定のある方は十分体調にお気を付けて行ってきてくださいね!

ということで、本日は『海外旅行』をテーマにPマーク(プライバシーマーク)の「A.3.3.7緊急事態への準備」についてお話させて頂きたいと思います!!

Pマークで海外旅行のリスクに備えよう!
まず、Pマーク(プライバシーマーク)の「A.3.3.7緊急事態への準備」の項番で規格要求として求められているのは下記の内容になります。

JIS Q 15001(プライバシーマーク) :2017年度版要求事項 引用
“組織は、緊急事態を特定するための手順、及び、特定した緊急事態にどのように対応するかの手順を確立し、実施し、かつ、維持しなければならない。
組織は、個人情報保護リスクを考慮し、その影響を最小限とするための手順を確立し、かつ、維持しなければならない。
また、組織は、緊急事態が発生した場合に備え、次の事項を含む対応手順を確立し、かつ、維持しなければならない。

a)漏えい、滅失又はき損が発生した個人情報の内容を本人に速やかに通知するか、又は本人が容易に知り得る状態に置くこと。
b)二次被害の防止、類似事案の発生の回避などの観点から、可能な限り事実関係、発生原因及び対応策を、遅延なく公表すること。
c)事実関係、発生原因及び対応策を関係機関に直ちに報告すること“

簡単に、Pマーク(プライバシーマーク)の「A.3.3.7緊急事態への準備」とはどのような内容なのかを説明致しますと「個人情報に関する事故を起こしてしまった時の手順を整えておくこと」ということです。

個人情報に関する事故を起こしてしまった時に、その影響を最小限にするための手順を定めなければなりません。

「手順」とはどういった内容なのか、今回は3つのポイントでご説明していきます!

リスクを最小限にする手順
1.事故を発生させてしまった個人情報の内容を本人に通知することについて
まず、緊急事態(漏えい等の事故)が発生した個人情報の内容を本人にすぐに知らせる、本人が知れる状態にすることが求められています。

海外旅行中に、震災や災害に遭ってしまった場合に、自分の安否を家族などに知らせることに例えられます。

最近ではSNSが普及しているのですぐに自分の安否について、周囲の人に知らせることが可能ですよね。
個人情報に関する事故が発生してしまった際にもHPなどで公表することが求められています。

事前にどのような内容をHPで公表するのか等を決めておくことで事故が起こってしまった場合にも、素早く対応できます。

2.二次被害、類似の事例の発生の防止、対応策について
事故が起こったしまった場合、二次被害の防止、類似の事例が発生することを回避するためにできる限り、事故の発生してしまった原因と対応策を速やかに公表することが求められています。

これについては、例えば海外旅行中に掏りに遭ってしまったとします。
その時に、なぜ掏りに遭ってしまったのか、また旅行に行った際に同様のことが起きないようにするためにはどうすればいいのか対策を考えなければ、また同じ被害に遭うかもしれないですよね。

また、掏られたものの中にキャッシュカードやクレジットカードが入っているとします。
そこで、キャッシュカードやクレジットカードを悪用されてしまうとどうなるでしょうか?
どんどん被害が大きくなりますよね。そうなる前に、カードを止めるなどの対応もとる必要があります。

そういった観点から、個人情報に関する事故を起こしてしまった場合も被害を拡大させないよう、また同様の事故を起こさないように、原因をまず追究しその上で、対応策をとる必要があります。

そのため、その手順を事前に整えておくことが求められています。

3.事故の発生を報告することについて
事故が起こった際には社内、社外どちらも誰に、どこに報告をするのかを前もって決めておく必要があります。

社内であれば、会社の社長や個人情報保護管理者等へ、社外であれば、警察や個人情報についてのお問い合わせの管轄でもある個人情報保護委員会等、関係各所への報告する必要があります。

Pマーク(プライバシーマーク)を取得していたら、JIPDEC(日本情報経済社会推進協会)への事故報告もしなければいけません!

海外旅行で、震災や災害に遭ってしまった場合も事前に誰に連絡をするのかを考えておく方が安否の確認もスピーディーにできます。

いかがでしたでしょうか?
今回は「海外旅行」をテーマに、Pマーク(プライバシーマーク)の「A.3.3.7緊急事態への準備」についてお話させて頂きました!

皆さんも自分の身近な物事に置き換えて考えてみて下さね!

最後に
Pマーク総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。
無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

■ちょっと聞きたいことがあるんだけど…という方
お気軽メールお問合せフォーム

■とにかくうちの場合はどうすればいいの?という方
無料でコンサルタントが伺います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03

【Pマーク総研】メールマガジン登録

Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス