Pマーク(プライバシーマーク)のリスクマネジメントで旅行の不安を解消!


8ee2554fae9d3d29491abad290be6ff9_m

こんにちは。いつもご愛読いただきありがとうございます。
ISO総合研究所コンサルタントの矢野です。

さて、今回は『旅行とリスクマネジメント』についてお話させて頂きます。

旅行に行くときって誰もが楽しみな半面、不安も抱えたりしますよね?

例えば、遅刻しないだろうか、集合時間や集合場所は合っているだろうか、お店やホテルはちゃんと予約できているだろうか、などなど・・・。
挙げ始めたらきりがないくらい不安はあるものです。

今回は旅行にそのような不安を抱えていらっしゃる皆さんにPマーク(プライバシーマーク)のリスクマネジメントと言う内容を旅行と交えてお話させて頂きます。
皆さんの不安が少しでも解消され、今後の旅行を楽しんで頂けたら幸いです。

そもそもリスクマネジメントって何?

では、まずそもそも『リスクマネジメントって何だろう?』と疑問に思う方がいらっしゃると思います。

リスクとは、危険性と訳されることが多く、リスクマネジメントとは、その危険性を回避や最小限の被害にとどめる活動のことを言います。

Pマーク(プライバシーマーク)の規格要求事項でも3.3.3項にリスク分析が出てくるように、危険性は分析し回避する必要があります。

以下JIS Q 15001 3.3.3 リスクなどの認識,分析及び対策────────

事業者は,「3.3.1個人情報の特定」 によって社内で取り扱う個人情報を特定する。
その後、特定した個人情報について,目的外利用を行わないため,必要な対策を講じる手順を確立し,かつ,維持しなければならない。
事業者は, 「3.3.1個人情報の特定」によって特定した個人情報について,その取扱いの各局面におけるリスク(個人情報の漏えい,滅失又はき損,関連する法令,国が定める指針その他の規範に対する違反,想定される経済的な不利益及び社会的な信用の失墜,本人への影響などのおそれ)を認識し,分析し,必要な対策を講じる手順を確立し,かつ,維持しなければならない。

────────────────────────────────────────

Pマーク(プライバシーマーク)を運用する上では、会社として把握している個人情報を、取扱うにあたって、漏洩(個人情報が外部に漏れてしまうこと)や滅失(個人情報がなくなってしまうこと)、毀損(個人情報が一部使えなくなってしまうこと、また、正確な状態でなくなってしまうこと)と言ったリスクについて、対策を取る活動がリスクマネジメントにあたります。

旅行に当てはめて考えてみよう!

では、今までの内容を実際に旅行での危険性を考えてみましょう。
旅行におけるリスクとは、『宿泊先予約忘れ』『貴重品紛失』『ガス欠』『事故』『病気』『盗難』などなど。

これらの危険性が常に伴いながら旅行しているのはとても不安で仕方ありません。
しかしそのようなリスクを回避するための方法は、下記内容が考えられます。

『宿泊先予約忘れ』は、出発前に予約確認メール等を再度確認。
『貴重品紛失』は、必要以上に貴重品を持ち歩かない。手荷物の確認。
『ガス欠』は、ガソリン残量の確認。付近のガソリンスタンドの場所の確認。
『盗難』は、手荷物を放置しない。貴重品が見えた状態で放置しない。

しかし予測できないこの『事故』『病気』の2つはどうしても回避しきれない場合も出てきます。

こういった仕方ない起こりうるリスクを“残留リスク”としてまずは把握していきましょう。
残留リスクとは、認識はしているがどうしようもないリスクのことを指します。

Pマーク(プライバシーマーク)ではリスクに対する安全管理を下記のように規定しています。

以下JIS Q 15001 3.4.3.2 安全管理措置──────────

事業者は,その取り扱う個人情報のリスクに応じて、漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要、かつ適切な措置を講じなければならない。

────────────────────────────────────────

今回の旅行についてあてはめて説明すると、

「旅行者は楽しみたい時ほど旅行のリスクに応じて、貴重品紛失、窃盗又はホテル予約し忘れ等の防止その他の旅行イベントの安全管理のために必要、かつ適切な措置を講じなければならない。」

と言った内容になります。
リスクに対して適切な安全管理を行うことで少しでも起こりそうなリスクを消していこうといったことになります。

これらの事前準備や安全管理措置をきちんと考慮したうえで下準備を行えば、不安を感じることなく旅行が楽しめるのではないでしょうか。

最後に

今年はGW(ゴールデンウィーク)が大連休ですね!!
皆さんはGW(ゴールデンウィーク)に旅行の予定は入っていますか?

お仕事の方、ゆっくり過ごされる方、過ごし方は様々だと思いますが、旅行を計画されている方は楽しく旅行ができることを心から祈っております。

今回は旅行に関連付けてPマーク(プライバシーマーク)のマネジメントシステムについてお話しましたが、Pマーク(プライバシーマーク)ではリスクと安全管理措置は兄弟みたいな要求項目だと思っております。
同時に一番大切にしたい部分だと感じております。

もう少し詳細について話が聞きたいと思われた方はぜひ、弊社までお問合せください!

Pマーク総研は、東京・大阪・神奈川・愛知・埼玉・兵庫・福岡・静岡・千葉・京都など、日本全国の企業様をサポートさせていただいております。
無料相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

■ちょっと聞きたいことがあるんだけど…という方
お気軽メールお問合せフォーム

■とにかくうちの場合はどうすればいいの?という方
無料でコンサルタントが伺います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03

【Pマーク総研】メールマガジン登録

Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス