Pマーク(プライバシーマーク)|JISQ15001:2017の改正の目的とは?


こんにちは!ISO総合研究所の崎山です。
いつもご愛読いただきありがとうございます。

2017年12月20日に一般財団法人日本規格協会より、Pマーク(プライバシーマーク)の要求事項である【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】が発売されました!

今回、お話するのは今Pマーク(プライバシーマーク)をすでに運用している企業様の中には、気になっているご担当者様もいるであろう【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】について少し触れたいと思います。

わたしもさっそく【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】を購入し、読んでみました!!
すると目に留まったのが、要求事項が書かれた後の≪解説≫ページでした。

そこには

1 今回の改正までの経緯
2 今回の改正の趣旨

の記載がありました。
まだ購入されていない方も多いと思いますので、その部分を一部抜粋し、ご案内いたします。

引用:1 今回の改正までの経緯

この規格は,JIS Q 15001:1999(個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項)として平成11年に初版が制定された。

その後,情報技術の発展に伴い,個人情報の保護の必要性が一層高まるとともに,“個人情報の保護に関する法律”(平成15年5月30日法律第57号。以下,個人情報保護法という。)が平成15年に制定され,平成17年4月からの全面施行を迎え,規格を取り巻く環境は大きく変化した。

このような状況の変化を踏まえ,平成18年に,個人情報保護法に基づく個人情報保護ルール及びマネジメントシステムを併せもった規格に改正し,JIS Q 15001:2006(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)(以下,旧規格という。)とした。

さらに,平成23年には,この規格の要求事項の解釈に関し,個人情報保護法の施行後の取組みとの関係においてより明確化が求められてきた部分について,要求事項本体の改正ではなく,高度で精緻な取組みに求められる記載内容を修正し充実化を図る改正を経て今回の改正に至った。

今回,経済産業省は,JIS Q 15001 改正原案作成委員会を組織し,JIS 原案を作成した。

【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】より引用

解説:1 今回の改正までの経緯

ここで記載されている中で注目するべき点としては、

「個人情報保護法の施行後の取組みとの関係においてより明確化が求められてきた部分について,要求事項本体の改正ではなく,高度で精緻な取組みに求められる記載内容を修正し充実化を図る改正を経て今回の改正に至った。」

上記の部分が今回の改正に至った経緯ではないでしょうか。

要は、改正個人情報保護法に伴って、JISQ15001:2017も変化してきているということかと考えられます。

さらにその部分に触れているのが、下記の抜粋部分になるかと思われます。

引用:2 今回の改正の趣旨

今回の改正は,この規格のマネジメントシステム規格としての位置づけを明確化するとともに,平成29年5月30日に全面施行された改正個人情報保護法に対応する管理策を追加した。

また,旧規格で充実させた解説の内容の中で規格に取り入れる方が適切である内容を精査し,附属書(参考)とした。 なお,改正に当たっては,この規格が民間部門の個人情報保護の促進及び消費者保護に重要な役割を果たしていることから,要求事項の基本的な考え方を変更せず,旧規格に基づいて構築された個人情報保護マネジメントシステムがこの規格の改正によって不適合を生じないことに配慮した。

【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】より引用

解説:2 今回の改正の趣旨

今回のJISQ15001:2017改正の趣旨が明確に記載されています。

基本的な考え方は変更せずと書いている通り、やはり改正個人情報保護法に対応するべくJISQ15001:2017の内容も一部修正されていると考えていいでしょう。

最後に

今回は【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】が2017年12月20日に発売されたということで、まずは改正された内容ではなく、要求事項が改正された意図に注目して書いてまいりました。

まだ要求事項が発売されたのみで、【JISQ15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム-要求事項)】のガイドラインは出ておりません。
次回以降では主な改正点等の内容にも触れていこうと考えておりますので、気になる方は次回以降もご期待くださいませ。

「来年2018年にPマークの審査が控えてるんだけどどうすればいいの?」
「いつまでに規格改訂したらいいの?」
「今からPマークを取得するけど、旧規格、新規格どっちなの?」
「すぐに相談に乗ってほしい!!!!!!!!」

というPマークを運用中、あるいはこれから取得を検討中の企業様は<一度当社ISO総合研究所にお問い合わせください!!!! 皆様のご連絡を心よりお待ちしております!!!

\ お問い合わせフォームはこちら /

WEBお問い合わせ


  • Pマーク総研無料プレゼント02
  • Pマーク総研無料プレゼント03

【Pマーク総研】メールマガジン登録

Pマークに関する情報をお届けします!

メールアドレスをご入力後、
「次へ」ボタンをクリックして下さい。

メールアドレス