Pマーク(プライバシーマーク)の現地審査って、何をするの?


Pマーク(プライバシーマーク)での一大イベントといえば、現地審査ですね。
初めて受ける方は審査の前は眠れなくなることもあるとか。

私たちがお客様先に行ってよく聞かれるのもこれです。
「 Pマーク(プライバシーマーク)の審査って何をするの?難しいの?」
ということ。

実は、現地審査でやることはほぼ決まっています。

1.機密保持の契約
さすがは Pマーク(プライバシーマーク)の審査員。
守秘義務をきちんと持って審査に臨みます。

2.トップインタビュー
会社で Pマーク(プライバシーマーク)を取得した経緯や
今後の方向性の確認がメインです。
社長が話したいように話してもらってください。

3.主となる個人情報について
日々のお仕事で個人情報をどのように扱っているかを確認します。
お仕事のお話をそのまま伝えてもらえればOKです。

4.運用の確認
Pマーク(プライバシーマーク)の申請を行うために、決められた
ルール通りに実行できているかのチェックになります。
申請までに準備した書類を堂々と出しましょう。

5.社内の各現場のルール確認
PCはパスワード設定している?入退室の管理は?
書類はキャビネットの中に保管してる?USBの管理は?
日々の業務の中で、個人情報を守るためにどのような活動を行っているか。
審査員から質問されますので、日々行っていることを回答ください。

6.文書審査
審査前に「文書審査結果」がお手元に届きますね。
ちゃんと直ってるか審査員と一緒にチェックします。

以上です!
つまり、審査までに準備していることが出来ているかのチェックです。
もう終わっていることのチェックなので、心配ないですね。

「見られる」と思うと緊張してしまいますが、審査員は自分が来た
証明として、何か所かバツを見つけて帰ります。
修正は出るものと思って、思い切って審査に臨みましょう。


簡単・即時発行!見積書ダウンロード

メールアドレス