お客様の声

お客様の声

弊社の代表も「ま、ISOさんでしょ」と。

サポート規格:Pマーク(プライバシーマーク)

株式会社エヌエスケーケー様(情報通信業)


弊社は基本的には通信といっても携帯電話をコンシューマーのお客様並びに法人のお客様にご提供するというのが柱でございます。

ただ販売方法として、お店、ネット通販から法人営業ということで、一応社内としては陸・海・空と。
陸がショップ、海が法人、空がネットと。
まぁ一応そういった形でですね、カテゴライズしているのですけれど。

基本的には携帯電話というのは日本全国どこのお店でご購入いただいても、特別なプランがあるわけでもなく、オープン価格とはいえ、本体価格も統制されていますので、差がないと。
ではどこで差をつけていくのかというところでは、一番力を入れて携帯を販売させていただいているというところが、ウリといえばウリなのかなと。

一応、ショップに関しても一流ホテル並みのアピアランスとホスピタリティーだと。
まだまだそこまでできていないんですけど、接客をいかに向上してお客様のお役立ちにつながると共にご来店いただいたお客様に快適な空間をご提供するというところもそうですし、法人営業部であればアフターのメンテナンスですね。

それこそこれからはだんだんプランが昔ほど、プランがSSだとかプランがLLだとか、そういう区分もかなり絞られてくると思うんですけど、あとはパケットのご利用の状況に応じた一番最適な割引を適用するとかですね、まぁそういうことも含めて、アフターフォロー、アフターメンテナンスも含めてですね、要は法人営業部の売りは「御社の総務部になります」というところでまぁ、携帯の事であれば管理一切弊社で行いますよというところをウリにしていると。

ネット販売に関しては、ちょっと業界が変わってしまいますので、一部運営方法は変わるんですけども、
やはりここがある意味一番難しいんですけども、顔が見えない中で、お電話だけとというところで、
そのお電話の中で、ある意味空間ではないですけれど、やはり電話を通じて快適な空間をいかにご提供できるかというところに主眼を置いて、携帯電話の販売をさせていただいていると。


会社としてのレベルが上がるということを主眼としてPマークにチャレンジ。

携帯電話なんで、お客様の個人情報の塊をお預かりするというか、それなくして事業が成り立ちませんので。
弊社でも本当にお恥ずかしいところですけれども、
個人情報の漏洩という部分では大きなトラブルがなかったんですけれども、過去、やはりそういう個人情報保護という観点から見たトラブルはあったんですね。

その都度、社内での対応、対策というのは実施していたんですけれども、それが体系化できないという。
弊社も11拠点くらいあるので、なかなかそれが同じレベルで横展開できない、 標準化できないというのがありまして。
かつ、もっともっとレベルを上げていかなければならないと。

やはり、キャリアさんからの統制というか、求められるものがどんどん難度が上がるというか、厳しいものとなっているので、やはりそこに対応するためには、御社のご協力のもとですね、Pマークを取って、Pマークを取ることが目的ではなくて、
Pマークを取ることによって当然いろいろな作業だとか、考え方だとか、仕組みを作っていかなければいけないので、その会社としてのレベルが上がるということを主眼として、今回はPマークにチャレンジしようというのが現実ですね。


いいタイミングでご縁ができて御社とお会いしたこと。

いいタイミングでご縁ができて御社とお会いしたこと。


弊社の代表も「ま、ISOさんでしょ」と。

正直、Pマークのお手伝いしますよという企業様は結構あるじゃないですか。
どこを選択というよりもですね、Pマークを取得するためにコンサルタントを選んでという順番よりも、
御社と知り合って、そういうコンサルをしておられるんだと。
私たちもコンプライアンスの仕組みをうまく構築したいと考えていたところに いいタイミングでご縁ができて御社とお会いしたと。
御社の代表ともお会いしてますし、弊社の代表も「ま、ISOさんでしょ」と。


どんどんタクトを振ってもらいたい。

結論から言うと、正直、感謝しています。
どちらかというと、私も実務から離れているので、依頼されていたことが後回し後回しになってなっていましたけれども、
しっかりとその辺もご理解いただいて、 また、今回もスケジュールの変更とかもお願いしたんですけども、その辺もご理解いただいて、
逆に申し訳ないと(笑)、感謝しています。 それと、思っていたよりも早く取得できたので良かったと思っています。
ざっくり感ではあるんですが、半年くらいを見ていたんですがね。 今後はPマークの取得はできた。
今後は社内の仕組み、制度、意識というものを全て向上していかなければならないと思うんですけど、
私自身がPマーク取得は目的ではないよと思ってはいるんですけれど、 結構ほっとしちゃっている自分もいましてですね。
逆にそこを尻を叩いてもらうというんですか、 ステップを踏まえた中でどんどん指示を頂いて、
それを実務レベルで現実・現場に落とし込んでいくのが我々の仕事だと思っているんで、
逆にどんどんタクトを振っていただければ。
逆にそれをやっていただかないと次に何をやっていいのというところが
現実的な問題として我々にも見えるものでないんで、そこをぜひともお力添えを頂いて、しっかりとついていきます。


お客様情報
株式会社エヌエスケーケー様